ピーマンを大量消費!最低限の調味料でつくれる簡単おかず
2019.08.09

この時季、旬のピーマン。安くて大量に売られているので、つい買いすぎた…なんてことも。

そんなときにおすすめなのが、ピーマンひとつでつくれる1素材副菜です。いろいろな食材を組み合わせなくていいから、準備も手順も簡単。

ピーマンを大量に購入して悩んでいるイラスト
ピーマンを大量消費!副菜レシピ3つ
ここでは手抜き料理や家事についての著書があるイラストレーターのマルサイさんに、ピーマンを大量消費できる副菜レシピ3つを教えてもらいました。

ピーマンだけ!の1素材副菜。覚えておくとササッとつくれて便利です

●ピーマンのおかか炒め

ピーマンのおかか炒めしょうゆとおかかでごはんがすすむ!

【つくり方】
(1) ピーマン5~6個はヘタと種を除いて小さめの乱切りにする。
(2) フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、(1)を入れて炒める。
(3) ピーマンにうっすら焼き色がついたらしょうゆ大さじ1を入れて炒め、カツオ節大さじ1を加えて全体を混ぜる。

●ピーマンの焼きびたし

ピーマンの焼きびたし白だしとショウガで上品な味わいです。

【つくり方】
(1) ピーマン5~6個は縦半分に切ってヘタと種を除く。
(2) (1)をグリルで焼き色がつくまでしっかりと焼く。
(3) ボウルに水2/3カップ、白だし大さじ1、しょうゆ小さじ1、ショウガ(チューブ)5cmを入れて混ぜ、(2)を加えて15~30分おいて味をなじませる。

●ピーマンのめんつゆ炒め

ピーマンのめんつゆ炒めめんつゆ1本で味つけラクチン!

【つくり方】
(1) ピーマン5~6個はヘタと種を除いて縦1cm幅に切る。
(2) フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、(1)を入れて炒める。
(3) ピーマンがしんなりしたらめんつゆ(3倍濃縮)大さじ1を入れてさっと炒め、いりゴマ(白)小さじ2を加えて全体を混ぜる。

時間や気力がなくても、手軽に品数を増やせる1素材副菜。献立決めに悩んだら、ぜひ活用してみては。

マルサイさんの新刊『がんばらなくてもデキてる風 めんどくさがり母さんの最強ずるメシ』(扶桑社刊)では、「家族が喜ぶ料理をつくりたい」「なるべく手間をかけたくない」という両方の気持ちをかなえるための、料理のずるワザやレシピが満載。
毎日のご飯づくりの重圧から解放してくれる、うちご飯救済本です。ぜひチェックしてみてください。

<撮影/山川修一 取材・文/ESSEonline編集部>

●教えてくれた人
【マルサイさん】

男子3人と夫の5人家族。男の子あるあるや家族のほのぼの話を描いた絵日記をインスタグラム@maru_saiで発信。ESSEでも「体当たり家計改善」を連載中。最新刊は『がんばらなくてもデキてる風 めんどくさがり母さんの最強ズルメシ』(扶桑社刊)

がんばらなくてもデキてる風 めんどくさがり母さんの最強ずるメシ

がんばらなくてもデキてる風 めんどくさがり母さんの最強ずるメシ

インスタグラムのフォロワー12.9万人! めんどくさがり母さんのマルサイさんが編み出したセコくてずるい、料理のワザ満載!

購入
このライターの記事一覧