いつもの焼きそばが夕飯の主役に!卵のっけ&時短テク
ESSE編集部
2019.08.05
  • この記事を
    シェア

いよいよ夏本番! 子どもにはうれしい夏休みですが、大人にとっては、食事の悩みがつきもの。気づけば、そうめんばかり食べている…。なんてことが、起こりがちです。

そんな夏の悩みを解決すべく、自身も子育て中の料理研究家、近藤幸子さんのお宅を訪問。
「暑いときは、キッチンに立つ時間を短くしたいというのが本音。だから、必要のない手間は思いきって省きます」という心強い言葉とともに、忙しい日にはこれ! という焼きそばのレシピを教えていただきました。

チンした麺のラップをはずす様子
麺はあらかじめチンしておきましょう!

卵をのせるだけで一気に華やかに。焼きそばが夕食の主役に

手軽さゆえに、休日のお昼というイメージがある焼きそば。
「そんなときの救世主が卵!いり卵や目玉焼きにしてのせれば、見た目も味も格段にアップします」と近藤さん。これなら焼きそばも、夕食の主役になること間違いなし!

ポイントは、麺をあらかじめレンチンしておくこと。麺がほぐれやすくなり、炒める時間を短縮できます。

●シーフード焼きそば

シーフード焼きそばとろとろ卵のトッピングなら、子どもも大喜び!

【材料(4人分)】
・中華麺(焼きそば用) 4玉(600g)
・シーフードミックス(冷凍) 300g
・チンゲンサイ 2株
・シイタケ 6枚
・ゴマ油 大さじ1
・A[中華スープの素小さじ2 塩小さじ1 砂糖小さじ1/3 水大さじ1 コショウ少し]
・卵 4個
・塩 小さじ1/4
・サラダ油 大さじ1

【つくり方】
(1) チンゲンサイは5cm長さに切り、根元は8等分のくし形に切る。シイタケは石づきを除き、薄切りにする。
(2) 中華麺は耐熱皿になるべく重ならないように並べ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ(600W)で3分加熱する。
(3) フライパンにゴマ油を強めの中火で熱し、シーフードミックス、(1)のチンゲンサイの根元の部分とシイタケを入れて炒める。野菜がしんなりしてきたら、チンゲンサイの葉とAを加えてさっと炒める。
(4) (2)の麺を加えて全体によくからめる。麺を広げて火を強め、1分ほど香ばしく炒めて器に盛る。
(5) ボウルに卵を割りほぐし、塩を加えて溶きほぐす。(4)のフライパンをさっと洗い、サラダ油を強火で熱してよくなじませ、卵液を一気に流し入れる。菜箸で大きく混ぜ、半熟状になったら(4)にのせる。
[1人分491kcal]

●ナポリタン風焼きそば

ナポリタン風焼きそばパスタ風で脱マンネリ! 目玉焼きを崩して絡めて。

【材料(4人分)】
・中華麺(焼きそば用) 4玉(600g)
・タマネギ 1個
・ピーマン 4個
・ベーコン 6枚
・バター 10g
・ニンニク(薄切り) 1かけ
・A[トマトケチャップ2/3カップ しょうゆ大さじ1]
・卵 4個
・サラダ油 適量
・タバスコ、粉チーズ 各少し

【つくり方】
(1) タマネギは1cm幅のくし形に切る。ピーマンは縦半分に切ってヘタと種を除き、7~8mm幅の斜め切りにする。ベーコンは2cm幅に切る。
(2) 中華麺は耐熱皿になるべく重ならないように並べ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ(600W)で3分加熱する。
(3) フライパンを中火で熱してバター、ニンニク、(1)のタマネギ、ベーコンを入れ、タマネギがしんなりするまで炒める。Aと(1)のピーマンを加え、水分を飛ばしながら3分ほど炒める。
(4) (2)の麺を加えて全体によくからめる。麺を広げて火を強め、1分ほど香ばしく炒めて器に盛る。
(5) フライパンにサラダ油を中火で熱し、卵を割り入れて目玉焼きをつくり、(4)にのせる。好みでタバスコ、粉チーズをふる。
[1人分572kcal]

ESSE9月号「夏の最強!レスキュー献立」では、ほかにも夏の食事づくりをラクにするアイデアを紹介!
献立を考えたくない、魚レシピのレパートリーがほしい、揚げ物をラクにしたい、火を使いたくない…など、読者アンケートで上位にランクインしたお悩みに答えます。
マネするだけで、夏の食事づくりが、きっとラクになりますよ。

<撮影/三村健二 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【近藤幸子さん】

料理研究家、管理栄養士。小学6年生と年長さんの女の子2人を育てながら働くワーキングマザーで、時間をかけずにつくる、シンプルでおいしい料理が人気。料理教室「おいしい週末」を主宰

ESSE9月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/杏

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!