低糖質だから食べても太りにくい!夏のひんやりおやつ
ESSE編集部
2019.08.03

いよいよ夏本番! 薄着ファッションが増えると、ゆるんだ二の腕やお腹、脚が気になるもの。ダイエットを意識する人も多いのではないでしょうか。とはいえ、こう暑いと冷たいアイスなどが食べたくなってしまうもの。

そんな人におすすめなのが、「糖質オフのおやつ」です。
プレーンヨーグルトを使った、だれでも簡単にできるおやつを、料理研究家のほりえさちこさんに教えてもらいました。

おやつを我慢するストレスこそダイエットの敵。糖質量10g以下を目安に食べてOK!

甘いものを食べたいなら、ポイントは糖質の低い食材を使うこと。そうすればバラエティ豊かなおやつが楽しめ、ダイエットを無理なく続けることができます。

夏のひんやりおやつ
フルーツとナッツのヨーグルトバーク
糖質の低い食材のひとつがプレーンヨーグルト。甘味をつけたいときは、糖類ゼロの自然派甘味料が役立ちます。

●フルーツとナッツのヨーグルトバーク

【材料(17×21×深さ3cmのバット・1台分)】
・プレーンヨーグルト(無糖) 1パック
・スイカ、グレープフルーツ 合わせて150g
・ミックスナッツ(無塩・ロースト) 30g
・ラカントS 大さじ3

【つくり方】
(1) バットにクッキングシートを敷く。
(2) スイカは種を除いて1.5cm角に切り、グレープフルーツは薄皮をむいて半分に切る。
(3) ボウルにヨーグルトとラカントSを入れて混ぜ合わせる。
(4) (1)に(3)を流し入れ、(2)とナッツを全体に散らす。冷蔵庫で凍らせ、食べやすく折っていただく。
[1人分(1/10量)糖質量7.5g、49kcal]

ESSE9月号は、このほかにも「おからパウダー」や「クリームチーズ」を使った糖質オフのおやつを掲載。おやつは食べたい、でもダイエットしたい人、太りたくない人に役立つ情報が満載です。

<料理/ほりえさちこ 撮影/砂原文 取材・文/ESSE編集部>