肉で巻くだけでなんでもおいしく!バーベキューにもおすすめ
2019.08.03

若松美穂のおいしい生活こんにちは。若松美穂です。主婦業のかたわらエッセイストなどもやりつつ、楽しく、豊かに暮らすためのさまざまな工夫を提案しています。テーブルまわりを中心に、生活のなかの小さな発見をつづっていけたらと思っています。

糖質ダイエットがきっかけで生まれたメニュー

今、長女が糖質抜きダイエット中。7月に入ってから、一気に効果が出だして、2か月で6キロほど、体重が落ちたようです。

とはいえ社会人。ときに会社の方や友人たちとの会食などもありますが、糖質ダイエットのメリットは、食べることやお酒を我慢しなくていいところ。
糖質や炭水化物をカットすれば、お肉もチーズもマヨネーズも油も大丈夫です。

食べていいものと、食べない方がいいものを認識すれば、「大変」「つらい」という感じでもないのかな~というのが、見ている私の感想。
人によっては糖ではなく、油を減らしたほうがいい方もいるようです。本人は、大好きなパンが食べられないことだけが、残念らしい(笑)。

糖質ダイエットがきっかけで生まれたメニュー先日、長女に飲みに誘ってもらい、訪れたお店。東京都久留米市にある「うまたゆ」さんです。
野菜をはじめ、いろいろなものがお肉でぐるぐる巻かれて焼いてあり、娘と「糖質オフダイエットをしている人でも安心の居酒屋さんだね」と楽しみました。鹿肉や薬味たっぷりの鶏南蛮などもおいしく、大満足。

肉巻き帰り道、娘が「今日食べたもの、家でもやってみたいね」と。
思い立ったが吉日、数日後に、ほかの家族にも食べさせようとチャレンジ!! これ、パーティメニューにもバーベキューのときにも便利かもと思ったのでご紹介しますね。
必須なのは竹串です。

バターを敷いて焼いたエノキベーコンバターを敷いて焼いたエノキベーコン。ホウレンソウなどを巻いてもいいですね。
長女と私のお気に入りは、スモークチーズ串。焼いただけなのに、トロッとして、スモークチーズのイメージが変わります。

クリームチーズを巻いた変わり種ピーラーで向いたズッキーニでクリームチーズを巻いた変わり種。ズッキーニは薄い方が巻きやすいのと、クリームチーズは、やや常温にしておいた方が串に刺した途端、ポキっと折れることなく刺せますよ。

油揚げを油抜きして半分にカットわが家の場合は油揚げを油抜きして半分にカットしましたが、お好みでOK。中に、しごいた明太子とスライスチーズ、マヨネーズ少々を入れてあります。
今回は少しつめすぎて雑になってしまいましたが、裾はクルクルとふた折りした方が、チーズがはみ出なくて安心かも。

チーズがはみ出なくて安心かもこちらは、油揚げの中に、母が前日につくっていたピーマンとツナの炒め物をマヨネーズであえてつめ、それをさらに肉で巻きました、じゅわっと感があり、ボリューム満点の1品です。

みんなちょっと食べにくそうでした単純に野菜を豚肉で巻いたのもいいし、高菜や野沢菜などおつけもののみじん切りを巻くのもあり。私は大葉としば漬けを巻いたのですが、横着してみじん切りにしなかったため(汗)、みんなちょっと食べにくそうでした。

残り肉巻き最後は余ったものをいろいろ巻いた、残り肉巻き。
わが家はホットプレートで焼きました。食べたい大きさにカットできるよう、キッチンバサミを用意しておいたので便利でした。

【若松美穂(わかまつみほ)】
お金をかけずにセンスと工夫でおしゃれに暮らすカリスマ主婦読者として、生活情報誌『ESSE』や『サンキュ!』などで紹介され人気者に。2011年、心理カウンセラーの資格を取得。主婦業のかたわら、エッセイストとしての執筆活動のほか、講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。夫と、大学生、高校生の娘、母親の5人家族。埼玉県在住。公式サイト「“いま”と“みらい”のへや」にて最新情報を更新中

このライターの記事一覧