【ノンストップ!ESSE 7月16日放送「笠原将弘のおかず道場」で紹介】のっけるだけで簡単!「サバ玉すし」
ESSE編集部
2019.07.16
  • この記事を
    シェア

フジテレビ「ノンストップ!」のESSEとの連動コーナー「ノンストップ! ESSE」。
火曜日は、予約の取れない和食店「賛否両論」店主・笠原将弘さんの「おかず道場」が放送されています。プロならではのコツが満載で、簡単なのに本格味の和食がつくれると、毎週大好評。しかも、身近な食材を使ってすぐにつくれるので、献立のヒントにもなります。

そんな人気コーナーから、手間なくつくれて、さっぱりした味わいが暑い夏にぴったりな「サバ玉すし」を紹介します。

大人気のサバ缶をつかった時短レシピ。山椒を効かせて本格味に!

ちまたで人気のサバ缶。今回のレシピでは、水煮缶ではなくみそ煮缶を使います。サバのうま味とみその風味を味つけに活用できるので、味に深みが出ておいしさも倍増。
さらに、キュウリには笠原さんならではのプロのワザが! 隠し味の粉山椒を加えることで、グッと本格味に近づきます。
ご飯と具材を用意したら、あとは焼きのりにのせるだけ。手巻きすしのようにのりで巻いて食べられるから、忙しい日にもおすすめです。

●サバ玉すし

サバ玉すし

【材料(4人分)】
・サバみそ煮缶 2缶(190g×2)
・卵 2個
・温かいご飯 600g
・キュウリ 1本
・A[酢大さじ3 砂糖大さじ1/2 粉山椒適量]
・B[酢大さじ5 砂糖大さじ2 塩小さじ1]
・ゴマ油 大さじ1
・塩 少し
・焼きのり(全形) 2枚
・いりゴマ(白) 適量

【つくり方】

キュウリに粉山椒をふる様子
ポイント:粉山椒を効かせて風味をアップ
(1) キュウリは小口切りにして塩もみし(塩は分量外)、しんなりしたらさっと洗って水気をしっかり絞る。Aであえておく。

ご飯に酢を回し入れる様子(2) ご飯は熱いうちに混ぜ合わせたBを回し入れ、切るように混ぜて酢飯をつくる。

サバみそ煮缶を缶汁ごとフライパンに入れた様子
ポイント:サバのうま味とみそ風味を味付けに
(3) フライパンにゴマ油を中火で熱し、サバみそ煮缶を缶汁ごと入れて炒める。

卵は溶きほぐして炒める様子
ポイント:サバみそ煮缶と卵を炒めてふんわり食感に
(4) 卵は溶きほぐして塩を混ぜ、(3)に流し入れて大きく混ぜ、半熟状になったら火を止める。

のりの上に具材を盛りつけた様子(5) のりを4等分に正方形に切って(2)、(4)、(1)を順にのせ、ゴマをふって器に盛る。のりで巻いて食べる。
[1人分560kcal]

酢飯と山椒の風味で、口当たりはさっぱり! 暑さで食欲のない日にも無理なく食べられる味わいです。ナスなど、夏野菜を使った汁物を添えて、今夜の夕食にいかがですか?

<レシピ/笠原将弘 取材・文/ESSE編集部>