1. トップ
  2. 料理・レシピ

時短&おしゃれ!食べごたえたっぷりなサラダレシピ4選

ESSE編集部
2019.07.23

湿度の高い日が続いてカラダが重たい感じがすると、さっぱりとした野菜を食べたくなりますよね。おしゃれに見栄えのいいサラダを毎日つくりたいけど、ちょっと手間かも…?
そんなときにおすすめの、3ステップ以内でできる手間なし&おしゃれなサラダをご紹介します。

から揚げは市販品で!「鶏からのヨーグルトマヨサラダ」

鶏からのヨーグルトマヨサラダ
から揚げをつくる工程を省けば簡単に豪華なサラダが完成!
鶏のから揚げを市販品にしちゃえば、超ラクちん! さわやかなヨーグルト味のドレッシングであえることで、簡単なのに至福のひと皿に。

【材料(2人分)】

・鶏のから揚げ(市販品)6個(180g)
・レタス 2枚
・ベビーリーフ 1/2袋
・タマネギ 1/4個
・トマト 1個
・A(プレーンヨーグルト(無糖)大さじ2、マヨネーズ大さじ1、オリーブオイル・レモンの絞り汁各大さじ1/2、塩・コショウ各少し)

【つくり方】

(1) から揚げは半分に切り、オーブントースター(1000W)で5分ほど温める。
(2) レタスはひと口大にちぎる。ベビーリーフはさっと洗って水気をきる。タマネギは薄切りにして水にさらしてもみ洗いし、水気をきる。トマトはヘタを除いてくし形に切る。
(3) ボウルにAを混ぜ合わせ、(1)と(2)を加えてあえる。

2ステップで完成!「包丁いらずのカプレーゼ」

包丁いらずのカプレーゼナッツの食感をプラスした、おしゃれなイタリアンサラダ。包丁もまな板も使わずに、わずか2ステップでできるから、これは本当に便利!

【材料(2人分)】

・モッツァレラチーズ 1パック(100g)
・バジル 2~3枚
・ミニトマト(好みの色) 16個
・ミックスナッツ 40g
・オリーブオイル 大さじ1/2
・塩、粗びきコショウ(黒) 各少し

【つくり方】

(1) モッツァレラチーズとバジルは、それぞれ食べやすい大きさにちぎる。ミニトマトはヘタを除く。ミックスナッツはポリ袋に入れ、めん棒(なければあきビンなどでOK)でたたいて粗く砕く。
(2) ボウルにを入れ、オリーブオイルを回しかけてあえる。器に盛り、塩、コショウをふる。

ゆで卵も市販でOK!「カリカリベーコンとゆで卵のトマトサラダ」

カリカリベーコンとゆで卵のトマトサラダ真っ赤に熟したトマトのおいしさを味わう彩り鮮やかな夏のサラダ。ゆで卵入りで食べごたえもしっかり!

【材料(2人分)】

・ゆで卵(市販品) 2個
・ベーコン 2~3枚
・トマト 2個
・A(オリーブオイル・酢 各大さじ1/2、塩・粗びきコショウ(黒) 各少し)

【つくり方】

(1) カリカリベーコンをつくる。ベーコンは1.5cm幅に切り、ペーパータオルを敷いた耐熱皿に並べる。ラップをしないで電子レンジ(600W)で40~50秒加熱する。
(2) ゆで卵は手で粗くくずす。トマトはヘタを除いて乱切りにする。
(3) ボウルに(1)と(2)を入れ、Aを加えてあえる。好みでコショウ少し(分量外)をふる。

マヨネーズでコクもUP!「ナスとズッキーニのスクランブルエッグサラダ」

ナスとズッキーニのスクランブルエッグサラダふんわりとしたスクランブルエッグが野菜にからんだ、おかず感のあるサラダ。マヨネーズであえるからコクも満点!

【材料(2人分)】

・ナス 1本(80g)
・ズッキーニ 1/2本(80g)
・卵 2個
・A(牛乳 大さじ1、塩・コショウ各少し)
・ミニトマト(ヘタを除く) 6個
・マヨネーズ 大さじ2

【つくり方】

(1) ナスとズッキーニは1.5cm角に切る。
(2) 耐熱ボウルに卵を割りほぐし、Aと(1)を加えて混ぜる。ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)で3分30秒加熱する。
(3) (2)をフォークなどでよく混ぜ、粗熱が取れたらミニトマト、マヨネーズを加えてあえる。

『つくりおきサラダとおかずサラダの本』(扶桑社刊)では、今回ご紹介したような、時短でつくれるおしゃれな野菜レシピが満載です。手間なく野菜をたっぷりとりたい人におすすめの147レシピ。ぜひチェックしてみてください。

<レシピ/みないきぬこ 撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

つくりおきサラダとおかずサラダの本

つくりおきサラダとおかずサラダの本




つくりおけば、時間がたつほどおいしく!「つくりおき」サラダと「おかず」サラダの本です 雑誌『ESSE』で人気の時短&簡単サラダを集めました

  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】