1. トップ
  2. 料理・レシピ

蒸し暑くても箸が進みます。お酢を使った簡単副菜2つ

ESSE編集部
2019.07.29
  • この記事を
    シェア

蒸し暑いこの時季、お酢を使ったさっぱりとした副菜はなにかと重宝します。
ここでは料理家の近藤幸子さんに、合わせるだけで味がキマる「こっくり酢」「さっぱり酢」のつくり方と、それらを使った副菜レシピを教えてもらいました。

合わせ酢は副菜にも便利!黄金比を覚えるだけ

こっくり酢とさっぱり酢のつくり方は簡単。覚えればいろんな料理に応用できます。

<こっくり酢の黄金比>
・こっくり酢(酢1:しょうゆ1:みりん1 ※各大さじ3)

<さっぱり酢の黄金比>
・さっぱり酢(酢3:砂糖2:塩1 ※各小さじ)

●<こっくり酢で>ミニトマトとセロリの中華あえ

ミニトマトとセロリ
こっくり酢であえるだけ
あえるだけの、さわやかな簡単副菜。ちくわやツナを加えてもおいしく食べられます。

【材料(4人分)】
・セロリ 1本
・ミニトマト 150g
・こっくり酢 (酢1:しょうゆ1:みりん1 ※各大さじ3)

<つくり方>
(1) セロリは大きめのひと口大に切る。ミニトマトは半分に切る。
(2) ボウルに(1)を入れ、こっくり酢を加えてあえ、15分ほどおいて味をなじませる。

[1人分58kcal]

●<さっぱり酢で>即席ピクルス

キュウリニンジン
さっぱり酢で漬けるだけ
さっと炒めれば短時間で味がしみしみ。酢で色鮮やかに!

【材料(4人分)】
・キュウリ 2本
・ニンジン 1/2本
・ミョウガ 3個
・カットパイン 200g
・オリーブオイル 大さじ1
・A[さっぱり酢(酢3:砂糖2:塩1 ※各小さじ)ローリエ1枚 赤唐辛子(種を除く)1/2本]

【つくり方】
(1) キュウリは大きめのひと口大、ニンジンは2~3mm厚さの薄切り、ミョウガは縦4等分に切る。カットパインは汁をきる。
(2) フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、(1)をさっと炒める。Aを加え、15分ほど漬ける。

[1人分93kcal]

<料理/近藤幸子 撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>