1. トップ
  2. 料理・レシピ

鮭と野菜を包むだけ。忙しいときも満足な熱々ホイル焼き

ぐっち夫婦
2019.07.19
  • この記事を
    シェア

食材をホイルで包むだけで簡単にできるホイル焼き。材料によっては包丁いらずでOKという、忙しいときに便利なお役立ちメニューです。また、魚介からお肉、野菜までさまざまな組み合わせができるのも魅力的!

共働き料理家のぐっち夫婦のおうちでは、妻のSHINOさんがよくホイル焼きをつくるそう。今回は一年中手に入れることができる鮭を使ったホイル焼きについて教えてもらいました。

鮭と野菜をホイルで包んで焼くだけ!忙しいときにこそつくりたい

遅く帰ってきた日の夕食に頼りたくなるホイル焼き。鮭やタラ、豚肉や鶏肉などメインの具材を買ってきて、冷蔵庫に少しだけ余っている野菜を一緒にホイルに包めば、あとは焼くだけという手軽さがうれしい。冷蔵庫の余りがちな食材を消費できるのも助かります!

今回ご紹介するのは「ネギ塩レモンバターのさっぱりこくうま! 鮭のホイル焼き」。
ネギの香りにさわやかなレモンが合わさり、バターと鮭が絡み合ったコクのある味わいはクセになります。

材料をホイルで包むだけなので難しい手順やコツは必要なし。魚焼きグリルやオーブンで簡単にできあがるので、洗い物が少なくて済むのも魅力のひとつ。

ホイル焼きの材料
材料が揃ったらホイルに包んで焼くだけ!
【材料(2人分)】
・鮭の切り身(生鮭使用) 2尾
・キャベツ 1/8個(150g)
・ブロッコリー 1/4房(60g)
・シイタケ 1個
・レモン 1/2個
・長ネギ 10cmほど
・バター 10g(5g×2個)
・塩・こしょう 各少々
・しょうゆ お好みで

【つくり方】

長ネギをみじん切りにする様子まずは下準備から。
・キャベツはひと口大のざく切りにする
・ブロッコリーは小房に分ける
・シイタケ、レモンは薄切りにする
・長ネギはみじん切りにする

アルミホイルを広げて食材をのせ、調味料をふる様子(1) アルミホイルを広げ、半量のキャベツ、ブロッコリー、シイタケ、鮭1尾をのせて塩・こしょう少々をふる(※生鮭を使用しています。塩鮭を使用する場合、塩は加減してください)。

鮭の上にレモン、長ネギ、バターをのせた様子(2) 鮭の上にレモン、長ネギを各半量のせ、バター5gをのせてホイルで包む。
※写真は一人分です。残りの食材を使い、同様の手順でもうひとつつくります。

魚焼きグリルにのせた様子(3) 魚焼きグリルに入れ、鮭に火がとおるまで7~8分焼く。

器にホイルごとのせてアルミホイルを開いた様子(4) 器にホイルごとのせてアルミホイルを開いたら完成。お好みでしょうゆを少々かけて召し上がれ。

鮭は良質なタンパク質が豊富な食材。タンパク質の吸収・消化を助ける、ビタミン類も多く含んで、健康、美容にもおすすめな食材です。毎日の献立に積極的に取り入れたいですね。

[1人前 241kcal]
出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2017年

●教えてくれた人
【ぐっち夫婦】

TATSUYA、SHINOからなる夫婦料理家ユニット。共働き夫婦で料理家、SHINOは栄養士の資格ももつ。インスタグラム(@gucchi_fuufu)やホームページ「ぐっち夫婦の今日なにたべよう?」で日々の料理が楽しくおいしくなるアイデアを発信している