余ったルウで味つけ簡単!家政婦・志麻さんの時短レシピ
ESSE編集部
2019.09.17

カレーやシチューをつくったあとに、半端に余ってしまったルウ。じつはこれが、時短料理に大助かり!
どこのお宅にもある食材を使い回して、おいしいレシピをつくりだすカリスマ家政婦・志麻さんの、時短なのに絶品なレシピを紹介します。

半端に余ったルウでつくる絶品おかず3品

豚バラのカレー風煮込み
コンソメをかつおだしに変えてもOK
長時間煮込んだ深い味わいがギュッとつまったルウは、味にアクセントをつけるのに重宝します。手早く味が決まるから、忙しい日の晩ごはんづくりに助かります。

●【豚バラのカレー風煮込み】いつもの煮込みにアクセントを

カレールウで、いつもの煮込みにアクセントを。

【材料(4人分)】
・豚バラ薄切り肉(3cm幅に切る) 300g
・カレールウ 1かけ
・大根(2cm厚さの半月切り) 1/2本
・長ネギ(2cm長さに切る) 1と1/2本
・固形コンソメ 1個

【つくり方】

(1)フライパンに大根と長ネギを重ならないように入れ、かぶる程度の水を加える。砕いたコンソメを加え、大根がやわらかくなるまで煮る。
(2)(1)に豚肉を広げながら入れ、肉の色が変わってきたらカレールウを溶かしてなじませる。

[1人分327kcal]

●【鮭のクリームシチューグラタン】ご飯にかけてドリアにしても絶品

クリームシチューグラタン手間のかかるグラタンもルウを使えば手早く完成。ご飯にかけてドリアにしても絶品です!

【材料(4人分)】
・塩鮭(切り身) 4切れ
・クリームシチューのルウ 1/2箱
・バター 15g
・タマネギ(粗みじん切り) 2個
・ブロッコリー(小房に分ける) 1株
・マカロニ 200g
・水 1と1/4カップ
・ピザ用チーズ 適量

【つくり方】

(1)フライパンにバターを中火で熱し、鮭を焼く。タマネギを入れて炒め、しんなりしたら取り出し、鮭は骨を取り除いて粗くほぐす。
(2)マカロニは表示どおりにゆでる。ゆで上がる1分前にブロッコリーを加え、ザルに上げる。
(3)鍋にシチューのルウ、水を入れて火にかけ、ルウが溶けたら(2)を加えて軽く混ぜる。
(4)耐熱皿に(3)を入れ、(1)をのせてチーズを散らす。トースター(1000W)でチーズが溶けて焼き色がつくまで5~10分焼く。

[1人分549kcal]

●【ルウでチャンポン風うどん】ルウのコクがうどんとばっちり

ちゃんぽん風うどんほどよく濃厚なあのスープをルウでお手軽に再現。ルウのコクがうどんにぴったりハマります。

【材料(4人分)】
・クリームシチューのルウ 3かけ
・冷凍うどん 4玉
・ちくわ(5mm幅の輪切り) 1袋(5本)
・キャベツ(ざく切り) 1/2個
・ニンジン(細切り) 1本
・モヤシ 1袋
・サラダ油 大さじ1
・めんつゆ 大さじ1
・水 4と1/2カップ

【つくり方】

(1)フライパンにサラダ油を中火で熱し、ちくわとキャベツ、ニンジンを炒める。ニンジンがしんなりしてきたらモヤシを加え、モヤシがしんなりするまで炒める。
(2)うどんは袋の表示どおりにゆでる。
(3)鍋に水とシチューのルウ、めんつゆを入れて火にかけ、(2)を加えて温める。器に盛り、(1)をのせる。

[1人分448kcal]

時間をかけずに、深い味わいが出せるのがルウのスゴイところ。冷蔵庫に半端なルウが残っていたら、早速今晩のおかずにつくってみてください。

<撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【タサン志麻さん】

国内外のフレンチレストランで修業ののち、「より自由で簡単なフランスの家庭料理を伝えたい」と、家政婦に。著書『厨房から台所へ』(ダイヤモンド社刊)ほかメディアでも活躍