チューブ調味料で香りづけ!豚バラ肉+常備野菜の絶品おかず
ESSE編集部
2019.08.28

節約料理のお助け食材「豚バラ肉」。でも、登場回数が多いだけに、レシピがついついマンネリ化しがち…。
そう嘆く方にお伝えしたいのが、家にあるお手頃食材を使って、豚バラ肉をいつもとひと味違う絶品おかずに仕上げるワザ。食材の使い回しに定評のある、人気家政婦・志麻さんに教えてもらいます。

時短調理にかかせないチューブ調味料は炒めて香りを出すのが鉄則

下味をつけたり、食卓に便利なチューブタイプの調味料は、使い方にひと工夫。調理に使うときは、炒めて香りを立たせてから食材と混ぜ合わせると、おいしさが段違いに!

●食べ応えあり!キャベツの肉巻きショウガ焼き

キャベツの肉巻きショウガ焼き
キャベツを豚肉で巻いてボリュームアップ!
豚バラ肉に合わせるのは、同じく定番食材のキャベツとタマネギ。炒めて香りを立たせたショウガ&ニンニクが効いた、絶品ショウガ焼きを紹介します。

【材料(4人分)】
・豚バラ薄切り肉 16枚(約400g)
・キャベツ(太めの千切り) 1/4個
・タマネギ(1cm幅の薄切り) 1個
・A[ショウガ(チューブ)、ニンニク(チューブ) 各3cm]
・サラダ油 適量
・みりん 大さじ1
・砂糖 小さじ2
・しょうゆ 大さじ1と1/2

【つくり方】

豚肉にキャベツをのせて巻く様子(1) 豚肉を2枚組み合わせて広げ、1/8量のキャベツをのせて巻く。残りも同様につくる。

キャベツの肉巻きとタマネギをフライパンで焼く様子(2) フライパンにサラダ油を中火で熱し、(1)を巻き終わりを下にして焼く。タマネギをすき間で炒め、全体に焼き色をつける。

チューブのしょうがを加える様子(3) タマネギがしんなりして肉に焼き色がついたら、あいているところにAを入れて香りが立ったら、全体にからませる。

調味料を加える様子(4) みりん、砂糖、しょうゆの順に調味料を加え、肉巻きとタマネギにからめる。

[1人分482kcal]

●トマト入りで華やか!洋風ショウガ焼き

洋風ショウガ焼き
キャベツをトマトにチェンジ!
キャベツをトマトに変えてアレンジすると、またガラッと味の違う1品に。トマトは、炒めすぎると水っぽくなるので最後に加えてさっと炒める程度に。甘みは砂糖のみでつけ、さっぱりといただきます。

【材料(4人分)】
・豚バラ薄切り肉 400g
・タマネギ(1cm幅の薄切り) 1個
・トマト(くし形に切る) 小3個
・A[ショウガ(チューブ)、ニンニク(チューブ) 各3cm]
・サラダ油(またはオリーブオイル) 適量
・砂糖 小さじ2
・しょうゆ 大さじ1

【つくり方】

(1) フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を広げ入れて中火で焼く。両面に焼き色がついてカリッとしたら、取り出す。

(2) タマネギを入れて中火で炒める。しんなりしたら(1)を戻し入れ、あいたところにAを入れて炒める。

ショウガ焼きにトマトを加える様子(3) 香りが立ったら全体を混ぜ、トマト、砂糖、しょうゆを加え、トマトが温まる程度に軽く炒め合わせる。

[1人分465kcal]

豚肉と好相性のキャベツ&トマト。合わせる野菜をチェンジするだけで、まったく違った1品が完成します。どちらもおいしくてやみつきになること間違いなし!

●教えてくれた人
【タサン志麻さん】

国内外のフレンチレストランで修業ののち、「より自由で簡単なフランスの家庭料理を伝えたい」と、家政婦に。著書『厨房から台所へ』(ダイヤモンド社刊)ほかメディアでも活躍

<撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>