考えなくても味つけが決まる!ご飯が進むお弁当レシピ3つ
ESSEonline編集部
2019.06.18

TV「ヒルナンデス」で、3時間で30品をつくるなど、超時短テクで話題のカリスマ家政婦makoさん。そんな彼女のテクニックは、毎日のお弁当づくりにも有効です。

ここでは、「考えなくても味つけが決まる黄金比ダレ」のつくり方、そしてそちらを使った3品の時短おかずのレシピを紹介します。

しょうゆベース和風ダレの黄金比でつくる絶品おかず3品

照り焼きチキン、牛肉のこってりゴマ炒め、ブリの照り焼き
しょうゆベースの和風ダレでつくった照り焼きチキン、牛肉のこってりゴマ炒め、ブリの照り焼き
ちょっと甘めのこってり和風味は、ご飯がすすむお弁当の定番中の定番。すべて同量だから覚えやすく、これを焼いたり炒めたりしてからめるだけなので、とてもカンタンですよ。

考えなくても味つけが決まる! 「しょうゆベースの和風ダレ」の比率はこちら。

しょうゆ1:みりん1:砂糖:1

この比率で、3品のおかずの味が決まりますよ!

●照り照りで冷めてもしっとり「照り焼きチキン」

【材料(2人分)】
・鶏モモ肉 1枚(250g)
・和風黄金比ダレ(各大さじ1と1/2)

【つくり方】
(1) 鶏肉はひと口大に切り、フライパンに皮目を下に並べ入れて中火で焼く。
(2) 焼き色がついたらひっくり返し、火がとおったらタレを加えて煮からめる。

冷めてもしっとりしていておいしいので、リピート間違いなしです!

●すりゴマでたっぷりでうま味濃厚「牛肉のこってりゴマ炒め」

【材料(2人分)】
・牛切り落とし肉 160g
・和風黄金比ダレ(各大さじ1)
・すりゴマ 大さじ1

【つくり方】
(1) フライパンに牛肉を入れ、色が変わるまで炒める
(2) タレ、すりゴマを加え、水分がなくなるまで強火で炒める

すりゴマを加えることでうま味が濃厚になりますよ。

●魚のおかずもカンタン! 失敗なし! 「ブリの照り焼き」

【材料(2人分)】
・ブリ(切り身) 2切れ(160g)
・和風黄金比ダレ(各大さじ1)
・サラダ油 小さじ1

【つくり方】
(1) フライパンにサラダ油を熱し、ブリの両面をこんがり焼く。
(2) タレを加えて煮からめる

●お弁当に入れるとこんな感じ! 野菜にも相性抜群の彩りもバラエティも豊か

バラエティ豊かなお弁当

メインがしょうゆ味なので、サブは味を変えて、サツマイモとハムにオイスターソースとマヨネーズをあえた中華風サラダと、みそダレをまぶしてレンチンしたブロッコリー。シンプルなのり巻きおにぎりを加えれば、あっという間に味も彩りもバラエティ豊かなお弁当のでき上がりです!

サブおかずの味つけに使用した「中華ダレ」「みそダレ」もカンタンな黄金比なので、すぐ覚えて使えます。
makoさんの新刊『予約殺到家政婦makoの魔法のカンタン弁当』(扶桑社刊)は、黄金比ダレの比率や、火を使わない、包丁を使わないなど、超手間ヌキ、超スピードでできるおいしいお弁当のレシピが満載。毎日のお弁当づくりに役立ててください。

<料理/mako 撮影/難波雄史 取材・文/ESSEonline編集部>

予約殺到家政婦makoの魔法のカンタン弁当

予約殺到家政婦makoの魔法のカンタン弁当

カリスマ家政婦makoさん初のお弁当本!

購入