サバ缶のうま味たっぷり!リピ決定の塩焼きそば
2019.05.17

手軽に使えて栄養価も高いサバ缶。うまく活用できれば毎日の料理の強い味方になってくれます。
共働き料理家のぐっち夫婦は、サバ缶を焼きそばに入れたレシピをリピートしているそう。詳しく教えてもらいました。

サバ缶のうま味凝縮塩焼きそば!レモンを絞ってさっぱり!

焼きそばスーパーにはさまざまな缶詰が並んでいますね。トマト缶、ツナ缶など普段の料理を助けてくれる便利なものです。
なかでも現在人気沸騰中なのがサバ缶。栄養豊富で使い勝手がよく、高級シリーズも販売されるなど、話題を集めています。

今回ご紹介するのは、サバ缶でカンタンにできる「サバ缶塩焼きそば」です。
大人も子どもも大好きな焼きそばに、サバ缶でうま味と栄養をプラス。レモンを加えることで、さっぱり食べることができるのもうれしい。簡単につくることができますのでぜひ試してみてくださいね!

材料

【材料(2人分)】
・サバの水煮缶 1缶(200g)
・中華蒸し麺 2食分
・キャベツ 150g
・ニンジン 1/3本(50g)
・タマネギ 1/2個
・シイタケ 1個
・ニンニク ひとかけ
・輪切り赤唐辛子 1本分
・ゴマ油 大さじ2
・鶏ガラスープの素(顆粒) 小さじ2
・しょうゆ 小さじ1
・レモン 1個(市販のレモン汁の場合大さじ1)
・塩・コショウ 各少々


【つくり方】

材料切る
(1) キャベツはひと口大に切り、ニンジンは細切り、タマネギ、シイタケは薄切りにし、ニンニクはつぶす。
中華蒸し麺は耐熱皿に入れ、電子レンジ600Wで1分軽く温め、ほぐしておく。

キャベツ(2) フライパンにゴマ油とニンニク、赤唐辛子を入れて弱火にかける。ニンニクの香りが出てきたら、中火にしキャベツ、ニンジン、タマネギ、シイタケを加えて炒める。

サバ缶投入(3) 野菜がしんなりしてきたら、サバを汁ごと加え、鶏ガラスープの素、麺を炒め合わせる。

麺投入しょうゆを加えてレモンを絞ったら、水分がなくなるまで炒め、塩、コショウで味を調えて完成。

ポイントはサバ缶のうま味たっぷりの汁ごと入れること!

タンパク質が豊富なサバの水煮缶は良質な脂を多く含みます。サバ缶をまるごとひとつ使っているので、汁の中に溶け出した栄養もしっかり摂ることができますね。

[1人前 688kcal]
出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2017年

●教えてくれた人
【ぐっち夫婦】

TATSUYA、SHINOからなる夫婦料理家ユニット。共働き夫婦で料理家、SHINOは栄養士の資格ももつ。インスタグラム(@gucchi_fuufu)やホームページ「ぐっち夫婦の今日なにたべよう?」で日々の料理が楽しくおいしくなるアイデアを発信している

このライターの記事一覧