1. トップ
  2. 料理・レシピ

夏野菜たっぷりのさっぱり味!牛肉とトマトの塩ダレ炒め

2016.08.09

 塩ダレのあっさリ味とトマトの甘酸っぱさにバジルの香りが加わって、牛こま肉の新しい魅力を発見。一緒に炒める野菜は、大きめのセロリ1本に、レタス丸ごと1個を使い、さっと火をとおすぐらいにして歯ごたえよく仕上げます。バジルの代わりに人気上昇中のパクチーをたっぷり使ってレモンを絞れば、ベトナム風のおしゃれソテーに。
牛肉とトマトの塩ダレ炒め

手ごろな牛こまで、ごちそう炒め物が完成!

[材料](4人分)

・牛こま切れ肉(大きければ食べやすい長さに切る) 300g
・A(顆粒鶏ガラスープ、片栗粉各小さじ1 塩小さじ2/3 粗びきコショウ(黒)少し 水1/2カップ)
・サラダ油 大さじ1と1/2
・酒 大さじ2
・セロリ(縦半分に切り、斜め薄切り) 大1本
・トマト(ヘタを除き、ひと口大の乱切り) 2個
・レタス(食べやすい大きさにちぎる) 小1個
・バジルの葉(2、3つにちぎる) 6~7枚

[つくり方]

(1)ボウルにAを入れて混ぜる。

(2)フライパンにサラダ油大さじ1/2を中火で熱し、牛肉を入れて炒め、半分以上色が変わったら、酒を加えてフタをし、弱火で2分ほど炒め蒸しにし、バットなどに取り出す。

(3)(2)のフライパンをペーパータオルでさっとふき、残りのサラダ油を入れて中火で熱し、セロリを入れて炒める。少ししんなりしたら、トマト、レタスを加えてさっと炒め合わせ、(2)の牛肉を戻し入れ、すぐに(1)をもう一度混ぜてから加え、バジルの葉を加えて大きく炒め合わせ、すぐに火を止める。

248kcal(※カロリーは1人分)

<撮影/難波雄史 料理/武蔵裕子>

  • この記事を
    シェア