バッター液のつくり方。揚げ物が簡単、しかもカリッ!
2019.06.10
  • この記事を
    シェア

ESSE2018年9月号で、レシピなしでつくれるごはんを紹介したところ「毎日がラクになった」との声多数。忙しい人が気負いなくつくれる料理が求められているようです。

ここではレシピに頼らなくても簡単でおいしい料理を、もっとお届けしちゃいます!
今回ご紹介するのはお好み串カツです。

<主菜編>バッター液+パン粉でつくるなんでもフライ

カリカリ、サクサクの揚げたてフライは、それだけで気分が上がるごちそう。そして、どんな素材でもOKの包容力のある調理法です。面倒な衣つけも「バッター液」なら簡単にできちゃいますよ!

【バッター液のつくり方】
溶き卵1個分、小麦粉1カップ、水3/4カップを混ぜ合わせる。
普通揚げ物をするときは「小麦粉→溶き卵→パン粉」ですが、バッター液にくぐらせたらあとはパン粉をつけて揚げるだけ。
1工程減らせるうえに、素材への密着度が高く、パン粉もしっかりつくので、カリッと仕上がります。

●家族で楽しくたべられる「お好み串カツ」

串カツ
家族が喜ぶ人気おかず。ビールもうまい!
【材料】
・ウインナソーセージ8本
・パプリカ(赤)1/2個(ヘタと種を除いて8等分に切る)
・豚こま切れ肉300g(16等分して丸める)
・ブロッコリー1/3個(8房に分ける)
・アボカド1/2個(8等分に切る)
・バッター液
・パン粉適量
・揚げ油適量

【つくり方】
バットに食材(1) ソーセージはブロッコリー、アボカドと、豚肉は長ネギ、パプリカと組み合わせる。

バットに串カツ各種、竹串4本に具材を交互に刺し、すべての串に塩、コショウ各少しをふる。

食材を液につける(2) 最初につくっておいたバッター液につける。

パン粉に串次に衣をつけていきます。

串カツ揚げる(3) フライパンに揚げ油を170℃に熱して(2)を入れ、3~4分揚げる。油をきって器に盛り、好みのソースやタレをつけて食べる。

[1人分652kcal]

●いろんな野菜を使ってレシピを広げてみて

シイタケやエリンギなどのキノコや、ナス、タマネギ、ズッキーニなど、揚げるとコクが増す野菜がおすすめ。ニンジン、ジャガイモなどの火がとおりにくい根菜は、電子レンジ加熱で串がとおるくらいにしてから揚げてください。

<料理/市瀬悦子 撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>