冷蔵庫の食材で即つくれる!豚バラ肉のさっぱり炒め4連発
  • この記事を
    シェア

2019.03.11

脂っこくて苦手、と敬遠する人も多い豚バラ肉。ですが、じつはパパッと炒めて味つけるだけで、あっという間においしいおかずが完成する時短食材です。
「出てくる脂を炒め油として使えば、肉のうま味がしっかり味わえるので、シンプルに炒めるだけでおいしいですよ」と話すのは、人気料理ブロガーのたっきーママさん。

たっきーママさん直伝。レシピいらずでつくれる、豚バラ肉の炒め物4種類

「梅干しや漬物、味つけ昆布といった、あっさりしつつしっかりした味つけの食材を合わせると、油っこさが減って意外とすっきり食べられます」

そんなたっきーママさんに、豚バラ肉なのにさっぱり食べられるおかずバリエーションを教えていただきました。

●塩こん豚ソテー

塩こん豚ソテー
レシピをいちいち覚えなくても簡単!豚バラ炒め4連発
豚バラ肉をしっかりと炒め、キュウリ、塩昆布、ショウガを加え、からめたら火を止めます。キュウリは薄めに切り、サッと火を通す程度にすると、歯ごたえもよくおいしく仕上がります。

●梅と豚のソテー

梅と豚のソテー豚バラ肉をフライパンで色が変わるまで炒めて、刻んだカリカリ梅と顆粒鶏ガラスープの素を入れてからめたらでき上がり。カリカリ梅がいいアクセントになるので、たっぷり入れるとおいしい!

●豚のみぞれ昆布

豚のみぞれ昆布いわゆる調味料はめんつゆだけ! 豚バラ肉を炒めて、色が変わったら大根おろし、めんつゆ、とろろ昆布をを加えてからめます。とろろ昆布はだまになりやすいので、小さくちぎってから入れましょう。

●ナスと豚のしんなり炒め

ナスと豚のしんなり炒め豚バラ肉を炒めたら、食べやすい大きさに切ったナスの漬物と砂糖、ポン酢を少しずつ加えてからめます。おすすめは水ナス! さっぱりとお漬物感覚で食べることができる、メインおかずです。

たっきーママさんの新刊『たっきーママのレシピがなくても作れる絶品料理~アイデア263』(扶桑社刊)には、こんなレシピいらずのおかずバリエが、なんと263パターンも収録されています。

ここで紹介された以外の豚バラ炒めはもちろん、豚こま炒め、鶏ももソテーなど、ざっくりつくってもおいしい、毎日おかずをたっぷり掲載。
レシピを見ながら料理するのが苦手な人や、日々の調理が面倒な人、料理ビギナーさんにもぴったり。書籍の試し読みはこちらから。ぜひチェックを。                
                                     
<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【たっきーママ(奥田和美)さん】

フードアナリスト。2009年にブログ「たっきーママ@Happy Kitchen」を開始。雑誌、テレビ、Web、広告などで活躍するほか、企業のレシピ開発に携わる。『たっきーママのレシピがなくても作れる絶品料理~アイデア263』『コンテナひとつでしみじみおいしい!たっきーママのレンチン作りおき』

たっきーママのレシピがなくても作れる絶品料理~アイデア263

大人気料理ブロガー・たっきーママの料理をするのが面倒な人にこそ読んでもらいたい、レシピなしでもちゃんとおいしい料理の本


コンテナひとつでしみじみおいしい!たっきーママのレンチン作りおき

使うのは、なんと1100mlのコンテナひとつだけ! コンテナに入れ、電子レンジでほっておくだけの、人気ブロガー・たっきーママ渾身の作りおきレシピ集