「中華の黄金比ダレ」で、チンジャオロースーも簡単ウマい
2019.06.07

ESSE誌面でレシピなしでつくれるごはんを紹介したところ、「毎日がラクになった」との声多数。忙しい人が気負いなくつくれる料理が求められているようです。

ここではレシピに頼らなくても簡単でおいしくつくれる料理を、もっとお届けします! 今回ご紹介するのは、中華の黄金比ダレを使ったレシピです。

<主菜編>中華の黄金比ダレは、オイスターソース1:しょうゆ1:酒1

●手早さが勝負の中華炒めもタレでスピード味つけ!「牛肉と卵のトマト炒め」

牛肉と卵のトマト炒め
牛肉と卵のトマト炒め
【材料】
・中華の黄金比ダレ(オイスターソース1:しょうゆ1:酒1 ※各大さじ)
・溶き卵 3個分
・ゴマ油 大さじ1
・トマト 2個(くし形切り)
・牛切り落とし肉 300g
・ゴマ油 大さじ1

【つくり方】

フライパンで卵を炒る(1) フライパンにゴマ油を中火で熱して溶き卵を入れ、大きく混ぜて半熟状になったら取り出す。

牛肉とトマトを2分ほど焼きつける(2) 同じフライパンにゴマ油を加え、牛肉とトマトを2分ほど焼きつける。

中華の黄金比ダレを加えてさっと炒める
黄金比ダレ投入!
(3) 中華の黄金比ダレ(上記参照)を加えてさっと炒め、

卵を戻し入れて炒め合わせる(4) 1を戻し入れて炒め合わせる。
[1人分342kcal]

●タレの二段活用で、肉の下味つけもバッチリ!「ざっくりチンジャオロースー」

ざっくりチンジャオロースー
ざっくりチンジャオロースー
【材料】
・中華の黄金比ダレ(オイスターソース1:しょうゆ1:酒1 ※各大さじ)
・片栗粉 大さじ1
・豚ロース肉(ショウガ焼き用) 400g(1cm幅に切る)
・ピーマン 8~10個(ヘタと種を除いて1cm幅に切る)
・サラダ油 大さじ1と1/2

【つくり方】

豚肉に中華の黄金比ダレをかける
下味も黄金比ダレで!
(1) 豚肉は中華の黄金比ダレ小さじ2をもみ込み、

豚肉に片栗粉をまぶす片栗粉をまぶす。

フライパンで豚肉とピーマンを炒める(2)フライパンにサラダ油を中火で熱し、豚肉を2分炒める。ピーマンを加えてさっと炒め合わせる。

中華の黄金比ダレを加え、炒め合わせる
黄金比ダレ投入!
(3)残りの中華の黄金比ダレを加え、炒め合わせる。
[1人分335kcal]

●軽く煮ることで、タレの味わいがぐっと深まる「白菜とエビの中華煮」

白菜とエビの中華煮
ちょっと応用!
黄金比ダレ+水でつくる白菜とエビの中華煮
【材料】
・むきエビ 250g(塩少しでもみ洗いし、水気をふく)
・片栗粉 大さじ1
・白菜 1/4個(葉はひと口大に切り、芯はひと口大のそぎ切り)
・ショウガ 1かけ(千切り)
・ゴマ油 大さじ1
・中華の黄金比ダレ(オイスターソース1:しょうゆ1:酒1 ※各大さじ)+水1カップ

【つくり方】

エビは片栗粉を薄くまぶす(1) エビは片栗粉を薄くまぶす。

フライパンでエビと白菜を炒める(2) フライパンにゴマ油とショウガを入れて中火にかける。香りがたったらエビを加えてさっと炒め、さらに白菜を加えて炒める。

中華の黄金比ダレと水を合わせて加え、4分ほど煮る
黄金比ダレ投入!
(3) 中華の黄金比ダレと水を合わせて加え、4分ほど煮る。好みでゴマ油少しを回しかける。
[1人分121kcal]

<料理/高山かずえ 撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>