助けてコストコ!面倒なお弁当づくりを助ける神食品5選
  • この記事を
    シェア

2019.03.01

もうすぐ春休み。長期休みは子どもにお弁当を持たせる機会も増え、働くママには大きな負担に。

「コストコには料理が得意でないママのお弁当づくりを助けてくれる食品がたくさんあります。大容量な分、割安なものも多いので、節約にもなります」と語るのは、コストコマニアの高梨リンカさん。自身も子どもにお弁当を持たせることがあり、コストコ食品を愛用しているとか。

簡単調理で味もバッチリなおすすめアイテムを教えてもらいました。

コストコ食品で作った弁当

お弁当づくりを助けるコストコの神食品5選

●かわいくてほくほく! 「マッケイン スマイルポテト」

マッケインスマイルポテト少しでもかわいいお弁当をつくってあげたいけれどキャラ弁は無理……。
そんな悩みを抱えるママにおすすめなのはマッケインの「スマイルポテト」。スマイル型のキュートなポテトに子どもも喜びます。
トースターだけで表面がサクッとなるうえ、2kgで780円とコスパもばっちり。

スマイルポテト食感はマッシュポテトを揚げているのでほくほく、なめらか。そのままお弁当に入れるのはもちろん、チーズを乗せてコショウをかけ、トースターで焼いてもおいしいですよ。

●1つ入れるだけでお弁当が華やかに! 「ブロッコリー フローレット」

ブロッコリーフローレントお弁当はどうしても茶系が多くなってしまいますよね。入れるだけで彩りがよくなるブロッコリーは、2.27kgで888円の「ブロッコリーフローレット」がおすすめです。

ブロッコリー1つそのまま入れるだけでも彩りが大きく変わりますし、お肉と炒めて1品つくってもGood。ビタミンが取れるので栄養面でも助けになります。
ほかにカリフラワーやベビーキャロットの入った「ノルマンディーベジタブルスタイル」もありますが、お弁当の彩りにはブロッコリーの緑が重要なので、ブロッコリーのみのこちらが大活躍。

普段の料理でシチューや炒め物に使えば、多いように見えても意外と使いきってしまいますよ。

●ジューシーでコスパよし! 「CP竜田揚げ」

CP竜田揚げお弁当と言えばから揚げですね。コストコには数種類のから揚げがありますが、食感と味で「CP若鶏の竜田揚げ」が気に入っています。

竜田揚げごろっとした竜田揚げはニンニクしょうゆのジューシーな味わいで、ご飯が進みます。ニンニクと聞くとお弁当に入れるのをためらってしまうかもしれませんが、においは控えめ。

1kg入って898円。レンジ加熱が必要ですが、お弁当用に売られている小分けのから揚げと比べると3割ほど安いので、定期的にお弁当をつくるなら大容量がお得です。主婦のひとりご飯にも活躍しますよ。

●ナゲットにチーズがIN! 喜ばれること確実の「Kiriナゲット」

キリナゲット子どもが好きなナゲットにチーズが入ってる!
喜ばれること間違いなしの組み合わせの「Kiriナゲット」は、その名のとおりKiriのクリームチーズが入ったナゲットです。あっさりチーズに油気の少ないナゲットで軽い食感が特徴。

Kiriナゲットスナック感覚で食べられるので、ハンバーグやエビフライなどちょっと油っこいメインと合わせてもおいしく食べられます。

コストコでは冷蔵品として売られていますが、冷凍可能です。解凍には常温だと30分くらいかかるので、お弁当をつくる前日に冷蔵庫に入れておくのがラクですよ。

●パスタやオムレツに! 一発で味がキマる「クラシコ トマト&バジル」

クラシコパスタソースおかずではなくソースですが、クラシコの「トマト&バジル パスタソース」も重宝しています。

お弁当にスパゲティを入れるとき、クラシコのパスタソースを使えば面倒な味つけをパスできちゃいます。
ケチャップとコンソメを入れて塩コショウで味をととのえて…とやるのは、朝の忙しい時間には手間。しかも味がなかなか決まらない! そんな悩みを解決してくれます。

トマトとバジルのシンプルなソースですが、しっかりと深みがあって自分ではつくれない味。お弁当に入れるオムレツやソーセージにかけてもおいしいです。

クラシコパスタ色味を考えるとケチャップやミニトマトの出番が増えてしまいがちですが、クラシコパスタソースという選択肢が増えると、お弁当のランクも上がる気がします。大人も満足するお弁当になりますね。

コストコ食品を活用して、毎日のお弁当づくりをラクにしてみてください。

●教えてくれた人
【高梨リンカさん】

コストコ新三郷店に8年通うコストコ大好きライター。とんとん名義で運営している自身のブログ「最底辺の歩き方」では、商品レビューやアレンジレシピを更新中