絶対おいしいやつ!「鮭と枝豆のはんぺんバター焼き」
  • この記事を
    シェア

2019.02.20

家飲みのおつまみやサブおかず、ちょっとした軽食を、冷蔵庫の中にあるものでサッとつくれると嬉しいもの。

ここではESSEが注目する料理家の橋本彩さんに、フライパンひとつで簡単につくれる、とっておきのレシピ「鮭と枝豆のはんぺんバター焼き」を教えてもらいました。

鮭と枝豆のはんぺんバター焼き
はんぺん&バダーがじゅわっとおいしい!

晩酌のおともに!フライパンひとつでつくれる「鮭と枝豆のはんぺんバター焼き」

お酒のおともとして揚げ物が好きな人も多いと思いますが、いざ家で揚げ物をしようと思うと、準備やあと片づけが大変ですよね。

今回紹介する「鮭と枝豆のはんぺんバター焼き」は揚げ物のようにジューシーなのに、フライパンひとつですぐ完成!
しかも余りがちな鮭フレークを使っているので、食材がムダにならず、おしいく使いきれるのもポイントです。

●鮭と枝豆のはんぺんバター焼き

【材料】
・はんぺん 1枚
・鮭フレーク 大さじ2
・枝豆 20g
・マヨネーズ 大さじ2
・バター 適量
・しょうゆ 小さじ1

【つくり方】

ポケットになるように切り込みを入れる(1) はんぺんを4等分に切り、さらにポケットになるように切り込みを入れる。

鮭フレーク、枝豆、マヨネーズ(2)鮭フレーク、枝豆、マヨネーズを混ぜ合わせたものを(1)につめる

両面をサッと焼き(3)フライパンにバターを引いて熱し、両面をサッと焼き、仕上げにしょうゆを入れてからませたらでき上がり。

でき上がりフライパンで簡単にできるレシピは、洗い物が増えないのもうれしいポイント。
鮭フレークは、ツナ缶のようにうま味食材として使えるので、常備しておくととっても便利です! ぜひお試しください。

●教えてくれた人
【橋本彩さん】

東京都在住。「ESSE Shu_fu of the year 2018」ファイナリスト。料理メディアの運営会社に料理家として勤務したのち、現在はインスタグラム@ponkotsu_0141にて、簡単でおいしい料理のアイデアを日々発信中