鶏手羽中とチンゲンサイのスープご飯!お酒のシメに食べたいひと品!
2016.11.04
  • この記事を
    シェア

 鶏手羽肉のうま味がたっぷり溶け出たスープの奥深い味わいに、思わず「もう一杯」とお代わりしたくなってしまいます。ユズコショウのきりっとした辛味で、あと味もさっぱり。お酒のしめにもどうぞ。

手羽中から出たスープはうまみたっぷり!

鶏手羽中とチンゲンサイのスープご飯[材料](4人分)

・鶏手羽中 8本
・チンゲンサイ 2株
・A[長ネギの青い部分1本分 ショウガ(薄切り)1かけ 酒1/2カップ 塩、顆粒鶏ガラスープ各小さじ1 水4カップ]
・B[しょうゆ小さじ1 塩少し]
・温かいご飯 茶碗4杯分
・ユズコショウ 少し

[つくり方]

(1)手羽中は骨に沿って切り込みを入れ、熱湯でさっとゆでてザルに取り、水で洗い、水気をふく。チンゲンサイは葉と軸に切り分け、軸は食べやすい大きさに切り、葉は幅を半分に切る。

(2)鍋に(1)の手羽中、Aを入れ、フタを少しずらしてのせ、中火にかける。煮立ったら弱火で15~20分煮る。

(3)(2)の鍋に(1)のチンゲンサイの軸を加えてひと煮し、葉、Bを加えてさっと煮る。

(4)器に温かいご飯を盛り、(3)をかけ、ユズコショウを添える。

368kcal(※カロリーは1人分)

<撮影/山川修一 料理/今泉久美>