グルテンフリーでも、ほぼチョコ!バレンタインにつくりたいレシピ
  • この記事を
    シェア

2019.01.22

今年もバレンタインが近づいてきました。

最近はグルテンフリーのお菓子が注目されています。手づくりでは難しそうなイメージがありますが、じつは家でも簡単に小麦粉や乳製品を使わないお菓子がつくれます。

第5回料理レシピ本大賞2018【お菓子部門】で大賞も受賞している、料理教室・白崎茶会の白崎裕子さんの生チョコ風のレシピをご紹介します。

乳製品やお砂糖を使っていないのに濃厚!白崎茶会の「ココナッツオイルの生チョコ風」

チョコ
グルテンフリーなのに本物のチョコそっくり!生チョコ風のレシピ
白崎茶会のお菓子は、卵、小麦粉、乳製品を使わないグルテンフリーのおやつとして知られています。ココナッツオイルにココアとはちみつを混ぜただけなのに、生チョコのような濃厚な味わいが楽しめますよ。

【材料(8個分)】

・ココナッツオイル(液状) 50g
・ココアパウダー 15g
・はちみつ 25g
・スライスアーモンド(ロースト)、ドライクランベリー 各適量

【つくり方】

(1) コップにココナッツオイルを入れ、ココアパウダーを加えて小さめのスプーンでよく混ぜる。なめらかになったらはちみつを加えて混ぜる(分離してくる)。

(2) (1)を冷蔵庫に入れて冷やす。周りがうっすらと固まってきたら冷蔵庫から出し、クリーム状になるまでよく混ぜる。

(3) クッキングシートを敷いたバットに、(2)をスプーン2本で丸くまとめて間隔をあけて落とす。スライスアーモンドとドライクランベリーをのせ、冷蔵庫で20分以上冷やし固める。 

こちらのレシピは、別冊ESSE『エッセ史上最強!創刊以来のベストレシピ お菓子編』(扶桑社刊)に収録されています。
ガトーショコラや生チョコ、ブラウニーといった、バレンタインにぴったりのレシピをはじめ、日々のおやつや季節のイベントに使えるお菓子レシピが満載の一冊。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

●教えてくれた人
【白崎裕子さん】

葉山の古民家でオーガニック料理教室「白崎茶会」を主宰。『白崎茶会のあたらしいおやつ 小麦粉を使わないかんたんレシピ』『へたおやつ 小麦粉を使わない白崎茶会のはじめてレシピ』(ともにマガジンハウス刊)が、料理レシピ本大賞のお菓子部門で大賞を受賞するなど、注目を集めている。

<料理/白崎裕子 撮影/寺澤太郎 取材・文/ESSE編集部>

エッセ史上最強!創刊以来のベストレシピ お菓子編

栗原はるみさんがつくり続けているおやつをはじめ、いま話題の白崎茶会のおやつまで、『ESSE』ならではの有名料理家たちのお菓子やパンが大集合!


白崎茶会のあたらしいおやつ 小麦粉を使わないかんたんレシピ

小麦粉、卵、乳製品を使わないおやつ革命のレシピ!「ヘルシーな甘いものを食べたい」に応えるレシピです


へたおやつ 小麦粉を使わない白崎茶会のはじめてレシピ

特別な道具がなくてもいい!専用の型がなくても作れる!すべて小麦粉、卵、乳製品なし。へたでも作れる入門編55品