<根菜バーグ>根菜の歯ごたえが、おいしさのポイント
  • この記事を
    シェア

2017.03.09

 根菜たっぷりの和風ハンバーグは、ゴボウをささがきにレンコンをいちょう切りにして存在感をアピール!ひき肉ダネに加えた根菜の歯ごたえが、おいしさのポイントです。かみごたえがあって、食物繊維がたっぷりだから、健康おかずとしても魅力的。バターじょうゆのソースもたまりません。ソースの残ったフライパンでつけ合わせの青菜もソテーします。
根菜バーグ

フライパンひとつでできる、根菜たっぷりの和風バーグ

[材料](4人分)

・ゴボウ 1/2本(100g)
・レンコン 100g
・タマネギ 1/2個
・サラダ油 大さじ2
・合いびき肉 400g
・A[卵1個 パン粉1/4カップ 牛乳大さじ2 塩小さじ1/2 コショウ、ナツメグ各少し]
・バター 30g
・しょうゆ 大さじ4
・コマツナ(4cm長さに切る) 1束
・塩、コショウ 各少し

[つくり方]

(1)ゴボウはタワシでこすり洗いし、粗めの短いささがきにして、水に2分さらし、水気をふく。レンコンは皮をむき、薄いいちょう切りにして、酢水(分量外)に2分さらし、水気をふく。タマネギはみじん切りにする。

(2)フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、(1)をしんなりするまで炒めて取り出す。粗熱が取れたら、ひき肉、Aとボウルに合わせて練り混ぜ、4等分にして小判形に整える。

(3)フライパンに残りのサラダ油を熱し、(2)を並べ入れる。2分ほど焼いたら上下を返してフタをし、弱火で7~8分蒸し焼きにして、器に盛る。

(4)(3)の焼き汁が残ったフライパンにバターを溶かし、しょうゆを加えて混ぜ、(3)のハンバーグにかける。続けて、バターじょうゆが少し残ったフライパンにコマツナを入れて炒め、塩、コショウで調味し、ハンバーグに添える。

431kcal(※カロリー1人分)

<撮影/岡本真直 料理/夏梅美智子>