もっちもち!レンチン5分で豚しょうが焼きが完成
2018.11.13
  • この記事を
    シェア

今、さまざまな方面から注目を集める料理ブロガー・たっきーママこと奥田和美さん。とくに支持を集めているレシピが、耐熱保存容器を使った電子レンジでできるつくりおきおかずです。

月間300万アクセスを誇るブログで、とくに人気だったのが、「こま切れ肉のもっちり豚しょうが焼き」だそう。

こま切れ肉のもっちり豚しょうが焼き
もっちり美味なしょうが焼きが、レンチンでできる!

大人気「こま切れ肉のもっちり豚しょうが焼き」のつくり方

日本人だったら「どストライク!」と感じる懐かしい味のしょうが焼きが、フライパンやボウルを使うことなくでき上がるとは驚き!
こま切れ肉でも食べごたえは十分。ご飯がすすむ大満足のおかずになります。

つくり方を教えてもらいました。

●調味液に薄力粉を加えて、豚肉をもっちり食感に

耐熱コンテナ容器に豚肉と調味料を入れ、レンジで5分加熱後、蒸らして混ぜるだけで完成します。

【材料(2人分)】
・A[豚こま切れ肉200g しょうゆ、みりん各大さじ1と1/2 小麦粉、酒各大さじ1 砂糖小さじ1 おろししょうが(チューブ)5cm]
・タマネギ(薄切り) 1/2個(120g)

【つくり方】

豚こま切れ肉(1) フタつきの耐熱コンテナ容器にAを入れる。

豚こま切れ肉(2) 菜箸などでよく混ぜ、タマネギを加える。

フタつきの耐熱コンテナ容器(3) フタをずらしてのせる。

電子レンジ(4) 電子レンジ(600w)で5分加熱し、そのまま庫内に3分おく。

こま切れ肉のもっちり豚しょうが焼き(5) 取り出してよく混ぜる。

●冷蔵保存4日間、再加熱時間2分でさらに味しみしみ!

そのまま粗熱をとってフタをし、冷蔵庫へ入れれば4日間は保存OK。
食べたいときに2分ほど再加熱すれば、さらに味しみしみに! 大満足のつくりおきおかずは、お弁当にも便利です。

たっきーママの新刊『コンテナひとつでしみじみおいしい!たっきーママのレンチン作りおき』(扶桑社刊)では、こちらのレシピ以外にも、「5分以内でできる野菜のおかず」「パスタやチャーハン」「スイーツ」など、電子レンジでできる130品のレシピを紹介。日々のおかずづくりに活用できます。

※電子レンジで加熱する際は、付属の説明書に従って、高温に耐えられる容器を使用してください。加熱時間は目安です。様子をみながら調整して、万が一加熱しすぎた場合は、2分以上時間をおいてから庫内から取り出してください。メーカーによっては、フタはレンジで使用できない場合もあります。必ず取り扱い説明書に従ってください

●教えてくれた人
【たっきーママ(奥田和美)さん】

フードアナリスト。2009年にブログ「たっきーママ@Happy Kitchen」を開始。雑誌、テレビ、Web、広告などで活躍するほか、企業のレシピ開発に携わる。『コンテナひとつでしみじみおいしい!たっきーママのレンチン作りおき』『週末1時間で1週間分のおかずを作りおき!たっきーママの朝作らない!作りおきおかずのお弁当』(ともに扶桑社刊)ほか著書多数

<撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>          
                                     

コンテナひとつでしみじみおいしい!たっきーママのレンチン作りおき

使うのは、なんと1100mlのコンテナひとつだけ! コンテナに入れ、電子レンジでほっておくだけの、人気ブロガー・たっきーママ渾身の作りおきレシピ集


週末1時間で1週間分のおかずを作りおき!たっきーママの朝作らない!作りおきおかずのお弁当

1週間分のおかずを作りおくから、朝はお弁当箱に詰めるだけ!1週間分の作りおきおかず14~15品を、なんと1時間で作れるよう工夫しました