失敗しないホームパーティの極意!つくりおきで準備もラクに
  • この記事を
    シェア

2018.11.08

今年もあと2か月をきり、親しい人たちと家に集りたくなる季節がやってきました。

ホームパーティというと、「料理のハードルが高くて…」という人も少なくありませんが、メニュー決めのコツさえつかめば、準備や料理に追われることなく楽しめます。

ここでは、食と酒と旅を愛する編集者で、大の宴会好きのツレヅレハナコさんに、おうち宴会成功のコツと、ゲストもホストも楽しめるメニューを教えてもらいました。

ホームパーティ
簡単で食卓映えする!キャロットラペ

ホームパーティを楽しむコツは、つくり慣れた料理を出すこと!

少なくとも月に2回は自宅でパーティをしているという、ホームパーティの達人であるツレヅレさん。
「おもてなし料理だからといって、品数をたくさんつくる必要はありません」と話します。

「ジャンルは関係なく、つくり慣れていて、自分で『おいしいな』と思えるものを並べるといいですよ。おなじみの味でも、『今日はユズで酸味をつけてみよう』という具合に、ちょっとだけアレンジしてみるのも手です」

また、当日つくらなければいけないものばかりだと、準備が大変。前日までに8割方つくっておいて、仕上げを当日する程度にしておくと、気がラクになります。
もてなす側がキッチンにこもりきりになることもありません。

「そのうえで、初めての料理に挑戦してみるのもおすすめです。ホムパでは、お客さんは基本的に“ほめ”モード。ちょっとぐらい失敗しても大丈夫なので、『つくってみたいな』と思っている料理を1品ぐらいトライしてみてもいいかもしれません」

ここでは、つくりおきでき、見た目も華やかな前菜料理のつくり方を教わりました。

●ニンジンとグレープフルーツのラペ

【材料(4人分)】

・ニンジン 3本
・グレープフルーツ(ルビー) 2個
・塩 小さじ1
・ピスタチオ 10粒
・オリーブオイル 大さじ3
・コショウ 少し

【つくり方】

(1) ニンジンは4cm長さに切り、スライサーで千切りにする。塩をふり混ぜて10分ほどおき、水気を絞る。グレープフルーツは薄皮から実を取り出し、皮をむくときに出る果汁も取っておく。ピスタチオは殻をむいて粗く刻む。

(2) ボウルに(1)のニンジンとグレープフルーツと果汁、オリーブオイル、コショウを入れて混ぜ、器に盛ってピスタチオを散らす。
[1人分183kcal]

ESSE12月・1月合併号では、ほかにもツレヅレさんおすすめの、おしゃれで簡単な宴会レシピを掲載。ぜひ手に取ってみてください。

●教えてくれた人
【ツレヅレハナコさん】

編集者。食のプロに聞いたおいしさのコツを家でのごはんづくりにも発揮し、ホームパーティを開くこともしばしば。著書に『女ひとりの夜つまみ』(幻冬舎刊)などがある

<撮影/福尾美雪 取材・文/ESSE編集部>

ESSE(エッセ)2018年12月・2019年01月合併号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/篠原涼子

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

女ひとりの夜つまみ

つまみは10分以内でまず1品。1品でお腹も大満足!酒飲みレシピ66。ひとり飲みの楽しさがグッと広がる手作りつまみを紹介