フライパンひとつでできる、甘辛おかず!手羽中のはちみつじょうゆ焼き
2016.09.26
  • この記事を
    シェア

 鶏手羽中をフライパンで焼きつけるだけのボリュームたっぷりおかずです。ポイントは手羽中は骨に沿って包丁を入れ、火のとおりをよくすること。また、最初に皮目を下にして焼くと、余分な脂が出やすくカリッと焼き上がります。今回はハチミツじょうゆの甘辛和風ダレをからめましたが、はちみつ+マスタードの洋風テイストにしても美味。ご飯はもちろん、お酒もすすむ、絶品メニューです。
手羽中のはちみつじょうゆ焼き

簡単ボリュームたっぷりおかず!急ぎのおつまみにもおすすめです

[材料](4人分)

・鶏手羽中 12本(約480g)
・長イモ 16cm
・塩 小さじ1/2
・粗びきコショウ(黒) 少し
・A[しょうゆ大さじ3 はちみつ大さじ2 酒大さじ1]
・サラダ油 大さじ1
・万能ネギ(あれば) 適量

[つくり方]

(1)手羽中は骨に沿って切り込みを入れ、長イモは1cm厚さの輪切りにして、それぞれ塩、コショウをふる。

(2)フライパンにサラダ油を中火で熱し、(1)の手羽中の皮目を下にして並べ入れる。こんがりと焼き色がつくまで2~3分焼き、上下を返したらフタをして3~4分蒸し焼きにし、一度取り出す。

(3)同じフライパンに、(1)の長イモを並べ入れ、両面こんがりと焼きつける。フライパンの余分な脂をぺーパータオルでさっとふき、(2)の鶏肉を戻し入れる。混ぜ合わせたAを加え、照りよくからめる。器に盛り、あれば万能ネギを添える。

270kcal(※カロリーは1人分)

<撮影/山川修一 料理/市瀬悦子>