ねっとりクリーミー!「バターナッツカボチャ」って知ってる?
  • この記事を
    シェア

2018.10.26

ハロウィーンの食材といえばカボチャが欠かせませんが、今年はちょっと珍しいカボチャを楽しんでみませんか?

ESSE編集部が青果店で見つけた、ひょうたんのような「バターナッツカボチャ」のおいしい食べ方をご紹介します。

バターナッツかぼちゃ
見た目はひょうたんみたいだけど、中はしっかりかぼちゃカラー

見た目はまるでひょうたん!バターナッツカボチャのポタージュスープ

青果店の店先は、春夏秋冬を感じられる場所。旬の野菜がたっぷりと並びます。なかには、今まで知らなかったような珍しい野菜と出合うことも。

先日、ESSE編集部員が「旬八青果店」にお邪魔したところ、コロンとしたビジュアルの野菜に目が釘づけに。

秋の味覚手前のひょうたんのような野菜、じつはカボチャなんです。

こちらは「バターナッツカボチャ」といい、アメリカではポピュラーな品種。ねっとりクリーミーで、とっても甘いのが特徴だそう。

さっそくこのカボチャを使って、旬八青果店の推奨メニューであるポタージュスープをつくってみました。

【材料(3~4人分)】
・バターナッツカボチャ 1個
・タマネギ 1個
・水 600ml
・牛乳 200ml
・固形スープ 1個
・塩・コショウ 適量

【つくり方】

割るとかぼちゃの種が!(1) バターナッツカボチャの皮をむいて種を除き、一口大にカットします。薄いクリーム色の皮の中は、しっかりカボチャでした。

硬いので、真ん中で2つに切ってから細かく切っていきます。

(2) タマネギはみじん切りにして炒め、カットしたバターナッツカボチャと水を入れて、沸騰したらアクをとります。

(3) いったん(2)を取り出し、フードプロセッサーにかけます。熱くなっているのでやけどに要注意! 
フードプロセッサーがない場合は、やらわかくなるまで煮てから、ザルなどでこしてください。

(4) 牛乳を加えて混ぜ、塩・コショウで味を整えます。
スープの完成完成! コクがあって、甘い仕上がりに大満足のスープができました。

お好みでエキストラバージンオリーブオイルや、クルトンなどを追加してもいいですし、牛乳の代わりに生クリームを使うと、さらにコクが増します。
またシチューのように、火をとおした鶏肉やキノコなどを加えると、おかず代わりになりそうです。ハロウィーンパーティのおもてなしにもぴったり!

バターナッツカボチャは見た目もかわいいので、キッチンに置いておくだけでも話のタネになりそうです。
甘くてやさしい味わいのバターナッツカボチャ、見かけたらぜひ試してみてください。

【レシピ監修/旬八青果店】 

<写真・文/米村恵利子>