ホットプレートで!鮭とキャベツがたっぷり「ちゃんちゃん焼き」
AYUMI
2018.10.20
  • この記事を
    シェア

こんにちは、モデルのAYUMIです^^旦那さんと2人の子どもの4人家族☆日々の食事や健康につながること、大好きなアウトドア、家族や友達と過ごす大切な時間など、暮らしにまつわることを発信していきたいと思います。体によいことが好きなので、みなさんの“暮らしのヒント”につながっていけたらうれしいです♪
<モデル・AYUMIのあゆんこの巣>

野菜たっぷり!ホットプレートでワイワイ楽しむ「ちゃんちゃん焼き」

生鮭のおいしい季節ですね。先日、わが家ではちゃんちゃん焼きをつくりました♪

ちゃんちゃん焼き
ぐちゃっと感も楽しい!
ちゃんちゃん焼きは、私の地元、北海道の郷土料理。鮭などの魚と野菜を焼いてみそなどで味つけします。野菜をたっぷり使ってつくれるのがうれしい!

生鮭はバターで焼いて、香ばしく。具には、意外かもしれませんがしらたきやお豆腐もおすすめです。

今回ホットプレートでつくってみたら、みんなでワイワイ、家族で季節を味わえる食卓になりました☆ 

【材料】(4人分)
・生鮭 4切れ
・キャベツ 1/4個
・タマネギ 1個
・ジャガイモ 2個
・モヤシ 1袋
・マイタケ 1パック
・豆腐 1/2丁
・しらたき 1袋
・ニンニク 1かけ
・バター 大さじ2
・しょうゆ麹 大さじ2
・みそ 大さじ2
・酒 大さじ2
※しょうゆ麹がなければしょうゆでもOK

【つくり方】

1.キャベツはざく切りに、タマネギは半分に切って1cm幅に切り、ジャガイモは泥を洗って皮つきのまま1cm幅の輪切りにします。マイタケは手でひと口大にさき、ニンニクは薄切りに。しらたきはキッチンバサミで5cm幅に切ります。豆腐は1cm角の角切りです。これで下準備はOK!

鮭2.ホットプレートにバターを入れて熱し、溶けてきたら鮭を皮目を上にして並べます。周りに1のニンニクも並べ、焼きます。

蒸し焼きに3.鮭の片面が焼けてきたらひっくり返して、周りに1のタマネギ、ジャガイモを並べていきます。

蒸し焼きにさらに、1のキャベツ、マイタケ、しらたき、豆腐を入れます。具が入ったらフタをして8分ほど蒸し焼きに。

蒸し焼きに4.野菜に火が通ってきたら、さらにモヤシを入れて、フタをして蒸し焼きにします。

よく味を絡ませます5.味つけは、しょうゆ麹、みそ、お酒を同じ割合で合わせたもの。野菜に火がとおったら具にかけて、味をからませます。

完成混ぜ合わせるとぐちゃぐちゃになりますが、これでいいんです!(笑)

とってもおいしいちゃんちゃん焼き、わが家では冬の定番。生鮭の出回る時期によくつくります。北海道では、1匹まるまる使って、BBQのときに炭焼きしながら楽しんだりしますよ♪
自宅でつくっても、故郷のことを思い出す、特別な味わいです。

いろいろな具材でつくれると思いますが、私としては今回の具材がベスト! 皆さまもぜひお試しくださいね。

【AYUMI】
ティーンのころからファッションモデルとして活躍。結婚・出産を経た現在は、ファッション誌、主婦向け雑誌やカタログ、テレビなどに出演し幅広い層から人気を得ている。ローフードマイスターやスーパーフードマイスター、オーガニックアドバイザーの資格を取得しており、著書に『さいしょは、フルーツ』(主婦と生活社刊)、『おしゃれなのに、簡単!92レシピ AYUMIのアウトドアクッキング』(講談社)、『ローフード・発酵・雑穀でつくるAYUMIごはん』(主婦と生活社)などがある

さいしょは、フルーツ

雑誌や広告、テレビで活躍中のファッションモデル・AYUMIさんの「ゆるやかナチュラルライフ」を解剖したエッセイです。


おしゃれなのに、簡単! 92レシピ AYUMIのアウトドアクッキング

初心者でも無理なくできる料理ばかりです。キッチンの設営方法や持って行くと便利なものなども、解説。これからキャンプを始めたい方、必携の一冊です!