<サトイモと手羽先のこっくり煮>ほっこり懐かしい定番煮物です
  • この記事を
    シェア

2017.02.23

 ほっこりとおいしいサトイモの煮物をご紹介。手羽先から出るコクのあるうま味を、サトイモにじっくりしみ込ませるのがこの料理のポイントです。サトイモはぬめりが出ないように、皮をむいて塩でもんで下ごしらえ。そして、手羽先には味がしみやすいように、切り目を入れます。両方を鍋に入れて水を注いで火にかけ、煮立ったら、甘味の調味料を先に入れて煮、次に塩味の調味料で味つけします。今回は、みそを加えてコクをプラスしました。仕上げにユズの皮をのせて、彩と香りを添えて。安くておいしいニッポンのおかず、おうちの定番にどうぞ。

おいしさの秘訣は、手羽先のコクのあるうま味を、サトイモにじっくりしみ込ませること

サトイモと手羽先のこっくり煮[材料](4人分)

・サトイモ 12個(約600g)
・鶏手羽先 8本
・水 2と1/2カップ
・A[砂糖、酒、みりん 各大さじ2]
・しょうゆ、みそ 各大さじ2
・ユズの皮(千切り) 少し

[つくり方]

(1)サトイモは両端を切り落とし、厚めに皮をむいてボウルに入れ、塩小さじ1(分量外)をふってよくもみ、水洗いする。

(2)手羽先は関節から先をキッチンバサミで切り落とし、皮目に切り目を1本入れる。

(3)鍋に(1)のサトイモ、(2)の手羽先を入れ、水を加えて火にかけ、煮立ったらアクを除き、Aを加えて落としぶたをし、中火で3~4分煮る。

(4)しょうゆを加え、煮汁が1/3量になるまで煮て、みそを溶き入れ、さらに煮汁が少なくなるまで煮る。器に盛ってユズの皮を散らす。

262kcal(※カロリーは1人分)

<撮影/澤木央子 料理/武蔵裕子>