<ちりとりプルコギ鍋>四角い鍋を使うことで名前がついた、関西で人気の鍋
  • この記事を
    シェア

2016.12.14

 ちりとりの形に似た四角い鍋を使うことから名前がついたという、関西で人気の鍋。すりおろしリンゴとはちみつの入ったしょうゆベースのタレと牛肉は相性抜群!ご飯が止まらなくなります。もちろん、普通の鍋でつくってもおいしいですよ!

ちりとりプルコギ鍋

甘辛味のタレでご飯がすすむ!

材料[4人分]

・牛こま切れ肉 400g
・A[ゴマ油、すりゴマ(白)各大さじ1 コショウ少し]
・B[リンゴ(皮をむいてすりおろす)1個 ニンニク(すりおろす)2かけ ショウガ(すりおろす)1かけ しょうゆ大さじ3と1/2 酒、はちみつ各大さじ2 レモンの絞り汁小さじ1
・豆モヤシ(ひげ根を除く) 1袋
・ニンジン(千切り) 1/2本
・ニラ(5~6cm長さに切る) 1束
・タマネギ(1cm幅のくし形切り) 1個
・緑豆春雨(15cm長さに切る) 80g

つくり方

(1) 牛肉にAをもみ込み、10分ほどおく。

(2) (1)の牛肉にBを加えてよくもみ込み、さらに10分ほどおく。

(3) 鍋に(2)の牛肉をつけダレごと入れ、豆モヤシ、ニンジン、ニラ、タマネギ、乾燥のままの春雨をのせ、強火にかける。野菜から水分が出てきたら中火にし、全体を混ぜて炒め焼きにする。

471kcal(※カロリーは1人分)

<撮影/岡本真直>