サバ缶とクリームチーズを1分混ぜるだけ!時短を超えた超簡単おつまみ
2018.08.28

手軽に使えておいしく、栄養価が高いとして、話題のサバ缶。関連書籍が発売されるなどして、今や大ブームの食材です。

今回は、そんなサバ缶を使った、混ぜるだけで完成する簡単リエットのレシピをご紹介します。教えてくれたのは、料理やグルメについて執筆しているライターの朝岡真梨さん。
火を使わないので暑い日や忙しい日にぴったり。おつまみやおもてなしに、ピクニックにも使えるおしゃれな一品です。

バゲットやクラッカー、トーストにのせるとおいしいサバ缶リエット
バゲットやクラッカー、トーストにのせるとおいしいサバ缶リエット

味よし、見た目よし!手軽でボリューミーなサバ缶リエット

栄養価の高さとリーズナブルな価格で話題沸騰中のサバ缶。
常温で長期保存ができるので非常食としてはもちろん、買いおきしておくと、ちょっと1品プラスしたいときにも便利です。

そんなサバ缶を使って、混ぜるだけで完成する、おいしくておしゃれなリエットをご紹介。

●好きな量で調整OK!サバ缶リエットのつくり方

【材料】

好きな量で調整OK!サバ缶リエットのつくり方・サバの水煮缶 50g
・クリームチーズ 50g(サバと同量)
・黒コショウ お好みで

【つくり方】

クリームチーズは常温に戻しておくと、混ぜやすいです。(1) サバの水煮は真ん中の太い骨をはずしてボウルに入れます。同じ量のクリームチーズをいれて、フォークでつぶしていきましょう。

このとき、クリームチーズは常温に戻しておくと、混ぜやすいです。

混ぜ加減やサバの身のつぶし加減はお好みで。(2) 混ぜ加減やサバの身のつぶし加減はお好みで。ここでは、色が均一になるくらい混ぜました。

(3) 好きな器に盛りつけて、上から少量の黒コショウをまぶせばリエットの完成です。

●余ったサバ缶でもう1品、というときにも使えるレシピです

1缶使いきれずに余ってしまったときなどにもおすすめしたい簡単レシピです。サバ缶の量に応じて、自在に分量を調整できるのがポイント。1缶使いきれずに余ってしまったときなどにもおすすめしたい簡単レシピです。

火も使わず、調理時間はわずか1分程度!
クラッカーにのせて食べると、白ワインにも相性抜群なおつまみに変身。トーストに塗ってもおいしくいただけます。

バルサミコ酢や白ワインビネガー、もしくはマヨネーズなどを小さじ1程度加えて少しゆるめにつくれば、野菜のディップソースにも。いつもの食卓はもちろん、ちょっとしたパーティシーンにもおすすめです。

●教えてくれた人
【朝岡真梨さん】

50か国200都市を超える海外旅行の経験をもとに各地のグルメや体験を紹介しているライター。国内の最新家電やモバイル機器に関する取材も多く、女性目線ならでは市場動向の分析が得意。料理と旅行についてのブログ「遊んでばかりのスナフキン」が人気。夫婦そろって温泉ソムリエの資格を取得し、旅行と食事を楽しんでいる

このライターの記事一覧