<ゴボウとサバのみそ煮>青魚とゴボウが相性バツグン!
2016.11.22

 赤みそを加えてこってりと煮たゴボウが、サバに負けないおいしさで存在感をアピール!相性もバツグンです。サバの不飽和脂肪酸とゴボウの食物繊維もたっぷりとれる、ぜひ覚えておきたいひと皿!

ゴボウとサバのみそ煮

みそは半量ずつ加えるのがポイント!

材料(4人分)

・ゴボウ 1/2本
・サバ(切り身) 4切れ
・A[ショウガ(薄切り)3枚 酒1/2カップ 水1と1/2カップ]
・B[みりん大さじ2 砂糖大さじ1]
・みそ(赤みそと合わせて) 大さじ3~4

つくリ方

(1) ゴボウは皮をタワシで洗い、縦半分に切ってから5cm長さに切り、水に5分さらして水気をきる。

(2) サバは皮に十文字の切り目を入れる。熱湯にさっとくぐらせ、冷水に取ってから水気をよくふく。

(3) 鍋にAを煮たて、(1)のゴボウを入れて5分煮る。(2)のサバを加えて落としぶたをし、5分煮てBを入れ、みその半量を煮汁で溶いて加え、煮る。

(4) 煮汁が少なくなってきたら、残りのみそを加えてさっと煮る。

259kcal(※カロリーは1人分)

<撮影/岡本真直>