1. トップ
  2. 料理・レシピ

火を使わない「爆速」サバ缶レシピ!洗い物も最小限でOK

2018.08.14
  • この記事を
    シェア

火を使う調理を避けたい、暑い日のご飯には、話題のサバ缶を取り入れてみませんか? 水煮缶は味にクセがない分、いろいろなアレンジを楽しめるのです。
缶詰と身近にある食材を組み合わせて、短時間でパパッとできるおつまみ2つをご紹介。あえるだけで、手抜きをまったく感じさせない、オシャレなおつまみが完成します!

話題の健康食材「サバ缶」を使って!おしゃれなおつまみができた!

おいしく、手軽に調理できると話題の「サバ缶」。香りの強い油や調味料と組み合わせれば、特有の魚のにおいも気になりません。

●サバのエスニックサラダ仕立て

サバのエスニックサラダ仕立て
サバ缶をあえるだけ!爆速おつまみレシピ
【材料(1皿分)】
・サバ缶(水煮) 50g
・食パン 1/3枚
・香菜 2株(50g)
・スイートチリソース 小さじ2
・マヨネーズ 小さじ1強

【つくり方】

(1)食パンを大きめのさいの目に切り、オーブントースター(1000w)でカリッとするまで焼く
(2)香菜はざく切りにし、缶汁をきったサバ、チリソース、マヨネーズを混ぜ合わせる
(3)(1)を加えて混ぜ合わせる

焼いたサクサクの食パンがボリューミーで、大満足できる一品。香菜がシャキッと、パンがカリッとしているうちに、あえたらすぐ食べましょう。
[1皿分200kcal]

●サバとアボカドのゴマドレあえ

サバとアボカドのゴマドレあえ【材料(1皿分)】
・サバ缶(水煮) 50g
・アボカド(皮と種を除く) 1/2個
・ゴマドレッシング(市販品) 大さじ2
・納豆 10g

【つくり方】

(1)アボカドは食べやすい大きさに切る
(2)缶汁をきったサバ、(1)、ゴマドレッシングを合わせてさっくり混ぜる
(3)(2)を皿に盛り、納豆をのせる

アボカドの形をくずさないように、さっくり混ぜ合わせましょう。上にのせた納豆がほかの食材と妙にマッチしてクセになるおいしさですよ。
[1皿分319kcal]

どちらもあえるだけの爆速レシピです。「汗だくで家に帰って、とにかく早くビールが飲みたい」。そんなとき、覚えておいてよかった~と思うこと間違いなしです!

ほかにも、別冊エッセ『疲れててもできる 火を使わないおかず』では、電子レンジやオーブントースターを使った、火を使わないレシピを156品紹介しています。猛暑が続く今年の夏、こちらもぜひご活用を!

<レシピ/間口一就 撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

疲れててもできる 火を使わないおかず


生活情報誌『ESSE』で好評だった火を使わない「ほったらかし」のラクチンレシピ156品を一冊に!