ゴマ油の風味でペロリ!「サバとニラのからめ麺」は夏の無敵時短メシ
2018.08.09
  • この記事を
    シェア

手軽に食べられるうえ、認知症予防にも効果があると話題のサバ缶。
そのまま食べてもおいしいですが、アレンジすればもっとおいしく、さまざまな料理に変身します。

ここでは夏の「時短メシ」にぴったりな、「サバとニラのからめ麺」のレシピをご紹介。
ESSEonlineライターの主婦・ハピコさんが、つくってレポートしてくれました。

からめ麺
話題のサバ缶で簡単!からめ麺

サバ缶でちゃちゃっと時短調理!ゴマ油が香ばしいからめ麺のレシピ

●サバとニラのからめ麺

サバのビタミンB1の働きをニラが高めて、疲労回復! がっつり食べられて男子受けも抜群です。

【材料(4人分)】

材料・サバ缶 2缶(200g入り)
・ニラ 2束
・中華蒸し麺 4玉
・A[サバ缶の缶汁大さじ4 ショウガ(すりおろす)大さじ1 オイスターソース大さじ2 しょうゆ大さじ1 コショウ少し]
・いりゴマ(白) 大さじ1/2
・ゴマ油 大さじ4
・ラー油 適量
・レモン(くし形切り) 1/2個

【つくり方】

つくり方(1) サバは汁気をきって粗くほぐす。缶汁大さじ4はAにとっておく。

ニラは5mm幅に切る(2) ニラは5mm幅に切る。

中華蒸し麺を入れ、Aを加えてよく混ぜ、ラップをふんわりとして電子レンジ(600W)で4、5分加熱する(3) 大きな耐熱容器に中華蒸し麺を入れ、Aを加えてよく混ぜ、ラップをふんわりとして電子レンジ(600W)で4、5分加熱する。

混ぜ合わせると、こんな風になりました※混ぜ合わせると、こんな風になりました。

器に盛る(4) 器に(3)を盛り、(2)、(1)のサバをのせていりゴマをふる。

ラー油をかけ、レモンを添える(5) 小さいフライパンにゴマ油を入れて少し煙が出るまで熱し、(4)の全体にかける。ラー油をかけ、レモンを添える。

火を使うのは、最後の油を熱するところだけ! 包丁を使うのもニラを切る工程だけで、本当に簡単につくることができました。
洗い物も最小限ですみ、忙しいときにとても助かります。

サバ缶には特有の匂いがありますが、熱したゴマ油をかけることによって風味豊かになります。

見た目、味、香りはとても本格的。夫も息子もペロリと完食しました。
この夏、何度もお世話になりそうなレシピです。

ESSE9月号の特集「最強!サバ缶おかず」では、サバ缶を使った簡単レシピを多数紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

●つくってみた人
【ハピコさん】

1981年生まれ。夫、息子の3人家族。Livedoor公式ブロガーとして、無理をしない貯金ブログ『のんびり楽しく貯金』を更新中。著書に『モノと家計を見直してお金のことで後悔しない暮らし方』(KADOKAWA刊)がある

<レシピ/大庭英子さん>

モノと家計を見直してお金のことで後悔しない暮らし方


借金500万円を返済し、さらに1年で100万円以上貯めた主婦の極意!


ESSE9月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/上野樹理

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!