<鶏なるとのだんだん弁当>火を使わないから、スピードはピカイチの特急お弁当
2016.12.20

 ご飯、のり、ご飯、のりと段々に詰めた上には、青ジソと明太子の鶏ロールをカットしてのせます!ちょっとおしゃれに見えるこのお弁当、火を使わずに15分もあればつくれます。ちょうどお昼ご飯を食べるころ、しょうゆとのりの味がしみたご飯に、明太子ロール、最強の組み合わせです!!

鶏なると

青ジソと明太子の鶏ロールが、ちょっとオシャレ

材料[1人分]

・鶏胸肉(皮を除き、厚みを半分に切る) 小1枚(150g)
・A[酒小さじ1 コショウ少し]
・青ジソ(茎を除く) 4枚
・辛子明太子(薄皮を除き、ほぐす) 1/3腹
・ご飯 どんぶり1杯分
・B[カツオ節小2袋(3g入り) しょうゆ大さじ1/2]
・焼きのり(細かくちぎる) 1枚
・たくあん(輪切り)、野沢菜(食べやすく切る) 各適量

つくり方

(1) 鶏肉はAで下味をつけ、2~3分おく。

(2) (1)の鶏肉の内側を上向きに、細いほうを奥にして広げ、青ジソ2枚を縦にのせ、辛子明太子の半量を手前から2/3くらいまで塗り、くるくると巻き、ラップで包む。これを2つつくる。

(3) (2)を耐熱皿にのせ、電子レンジ(500W)で4分~4分30秒加熱し、そのまま粗熱を取る。

(4) ご飯の半量を弁当箱に詰め、混ぜ合わせたBの半量、焼きのりの半量を散らし、残りのご飯、残りのB、焼きのりを散らす。

(5) (3)のラップを取り、ひと口大の輪切りに切ってのせ、漬物を添える。

557kcal(※カロリーは1人分)

<撮影/白根正治 料理/枝元なほみ