レシピはなくても料理はできる!「大まか」なのにおいしくなるシンプルなルール
  • この記事を
    シェア

2018.08.07

毎日のごはんづくり、なかなか面倒ですよね。レシピをキッチンに置いて読みながら…と思うと、新しいメニューに挑戦することもおっくうに。
難しいレシピに頼らず、「大まかに」料理してみませんか?

メニューを決めたら、調理の大まかな流れとポイントを押さえればOK! 調理には「掟」があるので、それを覚えれば簡単です。
「こんなに簡単に、しかもおいしくつくれるなんて!」と目からウロコですよ。
今回は、「焼く」と「炒める」から1品ずつ紹介します。

「焼く」は、下味をつける→焼く→添えるの3ステップで完成!

「肉や魚に下地をつけて焼くだけ!」という超シンプルルール。だから、絶対に味つけで失敗しません。
生野菜やさっと炒めたものをつけ合わせれば、バランスのよいひと皿の完成です!

生野菜やさっと炒めたものをつけ合わせれば、バランスのよいひと皿の完成●シンプルハンバーグ(分量はすべて4人分)

シンプルハンバーグステップ1 フライパンに、合いびき肉500g、下味(みそ大さじ2、砂糖大さじ1)、片栗粉小さじ2、万能ネギのみじん切り6本を入れ、練り混ぜる。

フタをして中火で2~3分焼くステップ2 (ステップ1)を平らに敷きつめ、フタをして中火で2~3分焼く。

フライ返しで4等分に切って裏返し、フタをせずにさらに2分ほど焼くフライ返しで4等分に切って裏返し、フタをせずにさらに2分ほど焼く。

ステップ3 食べやすく切って器に盛り、好みの生野菜を添える。

難しいレシピを覚えずとも、フライパンの中で材料を混ぜて焼くだけだから簡単です。

「炒める」は、肉・魚+甘味野菜+香り野菜が黄金セット。味つけはしょうゆだけ!

必要なのは3素材だけ。肉や魚で食べ応えを出し、甘味野菜と香り野菜を組み合わせて味に変化をつければ、満足感アップ!
甘味野菜はキャベツやタマネギ、カボチャ、ニンジンなど。香り野菜はショウガや長ネギ、ニラ、ピーマンなどが代表格です。
この組み合わせを覚えておけば、調味料ひとつでちゃんと味が決まります。今回は、「しょうゆだけ」を紹介します。

●牛肉とニンニクの芽炒め

材料はこの3つだけ!

・肉…牛こま切れ肉400g

牛こま切れ肉400g・甘味野菜…タマネギ1個(くし形切り)

タマネギ1個・香り野菜…ニンニクの芽100g(5cm長さに切る)

ニンニクの芽100gフライパンにゴマ油大さじ1を熱し、牛肉を強火で炒める。
タマネギを加え、透明感が出るまで炒め、ニンニクの芽を加える。
しょうゆ大さじ3を回し入れ、強火で炒める。

完成ESSE9月号では、このほかにもレシピなしでつくれる調理を紹介しています。「今日のごはん、なににしようー?」と悩んでいる人はぜひこちらもチェックを!

<レシピ/近藤幸子 撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

ESSE9月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/上野樹理

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!