「オリーブオイルそうめん」が想像以上にフルーティ!めんつゆに飽きたらコレ
  • この記事を
    シェア

2018.07.27
所要時間: 2

暑いこの時季、ついつい手が伸びるそうめん。めんつゆとの組み合わせが一般的ですが、「そうめんは洋風の食材や、はやりのグルメ缶詰とも合うんです。知らないのはもったいない!」と話すのは、そうめん研究家のソーメン二郎さん。

そうめん
いつものそうめんに飽きたら、洋風アレンジしてみませんか?

そうめんをおいしく食べるための“3か条”とは?

7月18日に明治屋ホールで行われたそうめんイベントここでは、7月18日に明治屋ホールで行われたそうめんイベントの模様をリポート。
ソーメン二郎さんによる、そうめんをもっとおいしく食べるための極意をお伝えします。

そうめんをおいしく食べるための心得
ソーメン二郎さん(左)と、黒川勇人さん(右)。そうめんをおいしく食べるための心得、「そ道」とは?
そうめんをおいしく食べるための心得、茶道ならぬ「そ道」を究めたソーメン二郎さんによると、意外と知られていない「3つの極意」がありました。

●その1 たっぷりのお湯で2分間ゆでる

たっぷりのお湯を沸かし、対流で麺をゆでると均等なゆで加減に。
ゆですぎはNG! 麺が水を吸いすぎて“ゆで太り”しないように、2分間で止めましょう。

●その2 沸騰したお湯に梅干しを入れる

梅干しを入れることで酸が麺を引き締め、きゅっとした食感に。よりコシの強いそうめんになります。

●その3 アレンジは自由

そうめんの楽しみ方は人それぞれ。じつはそうめん、洋風の味つけでもおいしくいただけます。

洋風アレンジ2種類をご紹介。簡単なのに、想像以上のごちそう感にびっくり!

●オリーブオイル+塩×そうめん

シンプルに、オリーブオイルと塩でいただく食べ方は、「そうめん本来の味をより引き立てます」とソーメン二郎さんが太鼓判を押す組み合わせ。

オリーブオイルと塩でいただく食べ方オリーブオイルのフルーティな風味が口いっぱいに広がり、オイルでコーティングされた麺はちゅるっとのどを通ります。
想像以上にさっぱりとしており、オイルのくどさはまったく感じません。

想像以上にさっぱり
「さ、さっぱり…!」と驚き!
●グルメ缶詰×そうめん

イベントに登場した缶詰研究家の黒川勇人さんがおすすめしてくれたのは、缶詰×そうめんの組み合わせ。

缶詰塩漬け牛肉のローズマリー風味や、桜肉ユッケ風など、そうめんと組み合わせるイメージがないものばかり。これらの缶詰を、そうめんの上に薬味のようにのっけて食べます。

缶詰自体にごちそう感があるので、そうめんと合わせるだけで、簡単にボリューム感のある一品が完成。おもてなしにも使えそう!

めんつゆの代わりに、缶詰のオイルめんつゆの代わりに、缶詰のオイルをかけるのもおすすめだそう。
「食べる前に湯せんで缶を温めると、具材とオイルがほんのり温まり、さらにおいしくなります」(黒川さん)

オリーブオイルを使ったものだけでなく、ゴマ油を使った缶詰もそうめんに合います。大人数のパーティなら、数種類のグルメ缶詰を用意し、みんなでシェアするのも楽しそうです。

●教えてくれた人
【ソーメン二郎さん】

そうめん研究家。奈良県桜井市生まれ。 そうめん製麺所の家系に生まれ、全国各地のそうめんを食べ歩き、そうめん復権活動を日々行う。ブログ「ソーメン道」が人気。監修した『簡単! 極旨! そうめんレシピ』(扶桑社)が発売中

【黒川勇人さん】
日本缶詰協会公認の缶詰博士として、さまざまなメディア出演や執筆活動で活躍。日々世界の缶詰を食している世界一の缶詰通。著書に『缶詰博士が選ぶ!「レジェンド缶詰」究極の逸品36』(講談社+α新書)など

<撮影・取材・文/ESSE編集部>

簡単! 極旨! そうめんレシピ


日本テレビ「Oha!4」、フジテレビ「プライムニュース」、TBS「Nスタ」に著者出演 NHK「ごごナマ!」、テレ東「車あるんですけど…?」に著者出演。話題沸騰!

缶詰博士が選ぶ!「レジェンド缶詰」究極の逸品36


あなたの知らないディープで魅惑的な缶詰の世界。必携・必食の究極グルメを一挙紹介!!

特集