<焼き大根のエビあんかけ>おもてなしにも、おせちにも使える豪華な中華おかず
2016.12.27

 さっと焼いて蒸した大根に、エビ入りの特製あんをかけた、ちょっと豪華なおかず。大根を蒸した汁を使ってあんをつくれば、溶け出した栄養も余すことなくしっかりとれます。おもてなし料理、これからの季節ならおせちにもぴったり。しかも、フライパンひとつでつくれるところもうれしい!
焼き大根のエビあんかけ

ごちそうなのに、フライパンひとつでできるのがうれしい!

[材料](4人分)

・大根 1/3本
・塩、コショウ 各少し
・ゴマ油 大さじ1
・A[水2カップ 顆粒中華だし少し 酒大さじ1]
・むきエビ(背ワタを除く) 150g
・タマネギ(薄切り) 1/2個
・B[トマトケチャップ、酢各大さじ2 砂糖大さじ1 塩、コショウ各少し]
・C[片栗粉大さじ1 水大さじ2]
・香菜(あれば) 少し

[つくり方]

(1)大根は皮をむき、1.5cm厚さの8枚の輪切りにし、軽く塩、コショウをする。

(2)フライパンにゴマ油を熱し、(1)の大根を並べ入れ、両面こんがり焼きつけ、Aを加えフタをして火を弱め、5~6分蒸し煮にする。大根を取り出し、器に盛る。

(3)(2)の蒸し汁にむきエビとタマネギを加え、煮たったらBを加えひと煮し、Cの水溶き片栗粉を回し入れてとろみをつける。(2)の大根にかけ、あれば香菜を飾る。

114kcal(※カロリーは1人分)

<料理/吉田瑞子 撮影/岡本真直>