コンビニ風チキンを家で再現!コーンスープのもとを使ったら完コピできた
2018.07.05

コンビニのレジ横にあって、ついつい手が伸びがちなチキン系のホットスナック。大人のつまみに、子どものおやつにと、大人気です。
そんなコンビニ風チキンの味を、家で再現してみませんか?

ブログが大人気で、ESSEでも連載中のおうち料理研究家・みきママさんがつくり方を教えてくれました。

コンビニ風チキン
あのジューシーなコンビニ風チキンを、家でつくって食べられます

コンビニ風揚げ鶏の味を自宅で再現!ポイントはなんとコーンスープのもと

サクサクッとした食感と、ジューシーかつジャンキーな、コンビニチキン独特の味わい。
それを引き出す秘密は、なんとコーンスープのもと! 
みんなが大好きなあの独特の味つけは、衣にインスタントのコーンスープのもとを投入することで完コピできるそうです。

「いつもの卵液衣に、鶏ガラスープや砂糖もほんの少し入れて、味の決め手であるコーンスープのもとを投入します」と、みきママ。

「鶏モモ肉1枚に対して1袋がちょうどよい分量。味にムラができないよう、よく混ぜることが大切です。あとはパン粉をつけてしっかり焼き色がつくように揚げ焼きしてみてください」

●みきママ直伝!「コーンスープのもとで!コンビニ風チキン」のつくり方

筋を除いて4等分に(1) 鶏モモ肉を観音びらきにして厚みを均一にし、筋を除いて4等分に切ります。

あらかじめ薄力粉をふり、軽く塩もふっておきます(2) 衣をはがれにくくするため、あらかじめ薄力粉をふり、軽く塩もふっておきます。

よく混ぜます(3) 卵に水をたして溶きほぐし、薄力粉、顆粒鶏ガラスープ、砂糖、粗びき黒コショウと、コーンスープの素を加えてよく混ぜます。

パン粉をつけます(4) (3)に(2)の鶏肉をからめ、パン粉をつけます。

しっかり焼きつけると、より本物に近づきます(5) フライパンにサラダ油を入れて(4)を並べ入れ、揚げ焼きします。側面まで焼き色がつくよう、しっかり焼きつけると、より本物に近づきますよ。

ほんのり甘くてコクのあるおいしさが、おうちの揚げ鶏をぐーんと格上げ!

みきママ「コーンスープのもとで! コンビニ風チキン」のさらに詳しいつくり方は、発売中の『みきママの元気が出る!フライパンレシピ』に掲載しています。本書にはほかにも、フライパンのみで簡単につくれるレシピが満載。ぜひチェックしてみてください。

●教えてくれた人
【みきママ(藤原美樹)さん】

主婦歴14年。自身のブログ「藤原家の毎日家ごはん」が1日120万アクセスと大人気のおうち料理研究家。ESSEにて「みきママのめちゃうま!フライパンCOOKING」を好評連載中。著書多数。最新刊は『みきママの元気が出る!フライパンレシピ』(扶桑社刊)

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

みきママの元気が出る!フライパンレシピ

ESSE(エッセ)の人気連載「みきママのフライパンcooking」で特に反響を呼んだ肉と魚介のおかずをはじめ、管理栄養士さんと一緒につくった体調管理レシピ、2品で大満足のお弁当、冷凍保存テクつきのパン&スイーツまで、「長年の相棒」と語るフライパンひとつで簡単にできるレシピを、新作も追加して盛りだくさんに掲載しています。