とろ~っ!クリーミー!!ツナ缶でつくる簡単「めっちゃアボカドピザ」のつくり方
2016.06.23
  • この記事を
    シェア

 おいしい、美容にいい、そして調理も簡単!と大人気のアボカド。アボカドは加熱することで、とろ~っとした食感になり、生で食べるのとは違ったおいしさを堪能できるんです!ということで、アボカドを使った、クリーミーな舌触りを楽しめるレシピを紹介。簡単なので、小さな子どもでもお手伝いできますよ。

「めっちゃアボカドピザ」のつくり方

【材料】
アボカド:1個(皮からはずし、種を取り除く)
ツナ缶:1缶(油ごと)
とろけるチーズ:適量
バケットやパン

コショウ
お好みでパン粉

【1】すべてボウルに入れる

まぜまぜ
まぜまぜ
 順番は気にしなくて大丈夫です。この時、ツナ缶の油を捨てないのがポイント。しっとりクリーミーに仕上がります(油分が気になる方は、少し控えめに入れてもOK)。

【2】フォークで潰しながら混ぜる

つぶして~
つぶして~
 全体が混ざり、アボカドの形が少し残るくらいまで混ぜます。

【3】バケットやパンに乗せてトースターへ!
トースターに入れる前に、お好みでパン粉をかけるとサクサクの食感をプラスできます。

のせるだけ!
のせるだけ!
 チーズが少し溶けたら食べごろ!溶岩プレートやカッティングボードに並べると、おしゃれに盛りつけができます。

【教えてくれた人:gamiさん】
大阪府在住。空き缶や木材を利用したDIYを綴ったブログ「gamiのものづくり日記」(http://profile.ameba.jp/gamiino/)や、instagram(ID:gami_223)が人気。DIY主婦グループ「つるじょ」のメンバーとしても活動中