古くなった食パンもリッチなごちそうに!食材をムダにしない節約レシピ3つ
  • この記事を
    シェア

2018.05.25
所要時間: 2
節約は食費から! 被服費やレジャー費、スマホ代などがかさんだ月は、毎日の食費を少しでもきりつめることができたら助かります。

ここでは「簡単」「安い」をテーマに、フレンチトースト、炊き込みご飯、みそ汁のお手軽な節約レシピをご紹介。
つくってくれたのは、50か国を超える海外旅行の経験をもとに、料理やグルメについて執筆しているライターの朝岡真梨さんです。

古くなった食パンがよみがえる!ナツメグが香る絶品フレンチトースト

まずご紹介するのは、少し古くなってしまった食パンを使ったレシピ。表面が乾燥して硬くなってしまった食パンは、フレンチトーストにするとおいしさが復活します。普段ハンバーグ以外にあまり出番のないナツメグも、ここで大活躍!

食パンのフレンチトーストにナツメグ

【材料】

・食パン(8枚切り) 2枚
・卵 1個
・牛乳 180g
・砂糖 20g
・バター 小さじ2
・はちみつ(お好みでトッピング)
・ナツメグ(お好みでトッピング)

食パン

【つくり方】

(1) バットに、卵と牛乳、砂糖を入れてよく混ぜ合わせ、卵液をつくる。

(2) 半分にカットした食パンを(1)の卵液によく浸す。

食パンのフレンチトースト(3) フライパンにバターを薄くのばし、(2)の食パンの両面を弱火でじっくり焼く。キツネ色の焼き色がついたらできあがり。

はちみつとナツメグをトッピングすると、リッチ感がさらにアップします。

<POINT>牛乳はちょっと多めに

一般的なレシピよりも、牛乳の量が多めです。固めのパンには水分量が多い卵液にすると、よくしみこんでしっとりとした仕上がりに。

<POINT>トッピングはナツメグ

フレンチトーストのトッピングは、冷蔵庫にある余りもののフルーツや生クリーム、定番のはちみつなど、自由にアレンジできます。とくにおすすめなのが、ナツメグパウダー。ハンバーグをつくるときにしか出番がなく、棚の奥にしまわれてしませんか?
じつはナツメグは、甘いフレンチトーストとの相性が抜群。シナモンのような少しスパイシーな香りで、お店のフレンチトーストのように演出してくれます。

調味料いらず!栄養たっぷりなサバ缶とショウガの炊き込みご飯

次に使うのは、骨までやわらかい栄養たっぷりなサバ缶。保存食としても優秀な缶詰は、キッチンに買いおきしておくと、いざというときに強い味方になってくれます。

鯖缶と生姜の炊き込みごはん今回はサバ缶まるまる1缶とショウガを使って、炊き込みご飯にしてみました。

【材料】

・サバ缶 1缶(水煮190g)
・ショウガ 70g
・米 2合
・水 380g

鯖缶と生姜

【つくり方】

(1) ショウガは千切りにする。

(2) 炊飯器に材料をすべて入れて炊いたら完成。

<POINT>サバ缶は汁ごと入れる

このレシピの一押しポイントは、サバ缶を汁ごと使っているので、ほかの調味料がいらないこと。さっぱりとしていて塩辛さもなく、シンプルながらもどんどんご飯が進むおいしさです。

<POINT>たっぷりのショウガでボリュームアップ

ショウガの千切りを70g使用しているので、炊飯器に入れたときに「ちょっと多いかも?」と心配になるかもしれませんが、そこがいいんです。このたっぷりのショウガ、炊きあがりはホクホクとした食感に変わり、マイルドなサバの水煮の味に対して、絶妙なアクセントになってくれます。

炊飯器の中で長時間保存すると、ショウガ自体の色が茶色っぽくなることがあるので、できればすぐに食べきってしまうか、早めに冷凍保存するようにしてください。

今回のレシピでは、だいたいお茶碗4~5杯分くらいのボリュームになるので、コスパのよさも魅力です。

捨てないで!エビの殻でだしをとった絶品みそ汁

最後にご紹介するのは、「エビ」ではなく、「エビの殻」です。エビをむいたあとにお役御免と捨ててしまっていませんか? 
このエビの殻、じつはひと煮立ちさせるだけで、ものすごくおいしいだしが出るんですよ。

エビの味噌汁完成

【材料】

・エビの殻(頭なし) 6尾分
・水 320g
・みそ(白) 大さじ1
・のり(お好みで)
・刻みネギ(お好みで)
※みその種類で塩分濃度が違うので、いつもお使いのもので少ない量から調整してください

エビの殻

【つくり方】

エビの殻の出汁(1) 鍋にエビの殻と水を入れ、弱火で火にかけながらひと煮立ちさせる。

(2) 煮立ったら火を止めて殻を取り出し、ピンク色の透きとおっただし汁にみそを溶かして完成。お好みでのりやネギなどを具として入れてください。

<POINT>捨てる食材がおいしいだしに早変わり

このみそ汁のいいところは、カツオ節や昆布などを使わずに、エビの殻だけで濃いだしが取れるところです。わが家は2人暮らしなので、2人分の分量でつくっていますが、倍量に増やして4人分つくってもおいしくいただけると思います。

<POINT>みその量をいつもより減らせる

エビの殻から強烈なだしがでるこのみそ汁。ぜひいつも使っているみその量より、2割くらい減らしてつくってみてください。エビの香りとだしの深い味わいのおかげで、みそは薄めでもうま味がたっぷり。節約になるだけでなく、減塩にも。

食費の節約は、買わないようにする我慢も大事ですが、ロスの量を減らすという視点も同じくらい重要。家で眠っている調味料や保存食、捨てているような余りもの食材も、上手にアレンジすると家計の助けになってくれます。

●教えてくれた人
【朝岡真梨さん】

50か国200都市を超える海外旅行の経験をもとに各地のグルメや体験を紹介しているライター。国内の最新家電やモバイル機器に関する取材も多く、女性目線ならでは市場動向の分析が得意。料理と旅行についてのブログ「遊んでばかりのスナフキン」が人気。夫婦そろって温泉ソムリエの資格を取得し、旅行と食事を楽しんでいる

特集