ほったらかしで「お手軽サムゲタン」!アウトドアに最適なつくり方
AYUMI
2018.05.19
  • この記事を
    シェア

こんにちは、モデルのAYUMIです^^旦那さんと2人の子どもの4人家族☆日々の食事や健康につながること、大好きなアウトドア、家族や友達と過ごす大切な時間など、暮らしにまつわることを発信していきたいと思います。体によいことが好きなので、みなさんの“暮らしのヒント”につながっていけたらうれしいです♪
<モデル・AYUMIのあゆんこの巣>

アウトドアが大好きなわが家では、キャンプにもよく行きます。さわやかな今の気候はキャンプにもってこいなのですが、夜は肌寒く感じることもしばしば…。
そんなときは体が温まり、夏バテ防止にもぴったりな韓国のスープ料理、参鶏湯(サムゲタン)のお手軽バージョンをよくつくります。

自宅とは勝手の違うアウトドアでの料理は、できるだけ手間のかからないご飯にするのが基本。お手軽サムゲタンは、材料を入れて火にかけるだけと、とっても簡単につくれておいしいので、アウトドアご飯におすすめですよ♪

アウトドアの料理

材料を鍋に入れて煮込むだけ!お手軽サムゲタンのつくり方

本場韓国のサムゲタンは、丸鶏にもち米と、高麗人参やナツメ、クコの実や松の実などの薬膳食材をつめて煮込みますが、今回は、つめずに一緒に鍋に入れて煮込むだけの、お手軽版をご紹介します。

【材料(4人分)】

・丸鶏 1個(1~1.3kg)
・もち米 1カップ
・ニンニク(皮をむいて1片ずつに分ける) 1個
・ショウガ(薄切り) 1/2個
・ナツメ 4個
・クコの実 大さじ2
・高麗人参 約5cm
・水 8カップ

薬膳食材薬膳食材は、手に入るものでOK。最低限あれば味が決まると思うのは、鶏肉、もち米、ニンニク、ショウガ、クコの実。これでも十分おいしくできます☆ 分量はあまり細かく気にしなくても大丈夫です。

【つくり方】

すべての材料を鍋に入れて火にかけ、フタをして約1時間煮込めばでき上がり!

煮込む今回はアウトドアご飯なので、ダッチオーブンの鍋を使い、炭をおこして火にかけました。自宅のキッチンでも、普通の鍋で同じようにつくれますよ♪

炭でつくる料理炭でつくる料理もアウトドアご飯の醍醐味。サムゲタンは基本ほったらかしなので、煮込んでいる間にほかのことができるのもいいところです。
炭をのせたフタを外すと…

とろっとろのスープ鶏のだしがたっぷりと出た、とろっとろのスープが完成!
器に取り分けたら、お好みで塩をかけていただきます。やわらかくてほろほろのお肉も最高…。
体が芯から温まるような、ほっとする優しいおいしさです♪ 一日の疲れも癒されそう。

●残ったスープは翌朝の朝食に!

残ったスープは翌朝の朝食に翌朝は少し残っていたサムゲタンに水をたして、塩としょうゆ(適量)で味をととのえ、春雨を加えたスープに。優しい味のスープが寝起きの体にしみわたります。

丸鶏はスーパーや精肉店で1kgくらいだと1000円前後で手に入るので、意外とおトクなんです。とっても簡単につくれるサムゲタン。アウトドアではもちろん、自宅でもつくれますのでぜひ♪
私のレシピ本『おしゃれなのに、簡単!92レシピ AYUMIのアウトドアクッキング』でも紹介しているので、チェックしてみてくださいね。

【AYUMI】
ティーンのころからファッションモデルとして活躍。結婚・出産を経た現在は、ファッション誌、主婦向け雑誌やカタログ、テレビなどに出演し幅広い層から人気を得ている。ローフードマイスターやスーパーフードマイスター、オーガニックアドバイザーの資格を取得しており、著書に『さいしょは、フルーツ』(主婦と生活社刊)、『おしゃれなのに、簡単!92レシピ AYUMIのアウトドアクッキング』(講談社)などがある。自身の食卓レシピをまとめた『ローフード・発酵・雑穀でつくるAYUMIごはん』(主婦と生活社)が発売中

ローフード・発酵・雑穀でつくるAYUMIごはん


インスタグラムやブログで大人気! 野菜をふんだんに使ったAYUMIごはんがレシピ本になりました。


さいしょは、フルーツ

雑誌や広告、テレビで活躍中のファッションモデル・AYUMIさんの「ゆるやかナチュラルライフ」を解剖したエッセイです。


おしゃれなのに、簡単!92レシピ AYUMIのアウトドアクッキング

初心者でも無理なくできる料理ばかりです。キッチンの設営方法や持って行くと便利なものなども、解説。これからキャンプを始めたい方、必携の一冊です!