1. トップ
  2. 料理・レシピ

梅干しづくりの副産物、白&赤梅酢の使いこなしレシピ。うがいで、のどの痛みにも!

2016.06.04
  • この記事を
    シェア

 梅仕事の季節がやってきました。吉田秋生さんの人気マンガ『海街diary』でも象徴的に描かれているように、自然の恵みや家族に慈しみを感じてしまう、なんだかほっこりした楽しいイベントですよね。梅干しづくりでは、うれしい副産物があります。それは紅白の梅酢とゆかり。フードコーディネーターのこてらみやさんに活用法を教えてもらいました。

<白梅酢を使って>ししゃもの南蛮漬け

<白梅酢を使って>ししゃもの南蛮漬け さっぱりマイルドな漬け汁が、これからの季節にぴったりの南蛮漬け。焼いたシシャモを漬け込むので、短時間でつくれます。

[材料とつくり方]

(4人分)

(1)シシャモ8尾は魚焼きグリルなどでこんがりと焼く。

(2)鍋にみりん大さじ2を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら白梅酢大さじ1、だし汁1/2カップ、赤唐辛子(小口切り)適量を加え混ぜ、沸騰させる。

(3)バットにタマネギ(薄切り)1/6個を敷き、(1)をのせ、長ネギ(縦半分に切って斜め薄切り)10㎝とパプリカ(赤・薄切り)1/4個を重ねたら(2)をかける。ラップで落としぶたをして1時間ほどおき、味をなじませる。

●白梅酢はほかにもこんな使い方が

<白梅酢を使って>ししゃもの南蛮漬け おにぎりをにぎるときに白梅酢を手のひらにつけると、傷みにくくなります。また、お吸い物などに少量たらすと、グンと味がよくなりますよ。

<赤梅酢を使って>ミックスしば漬け

<赤梅酢を使って>ミックスしば漬け 赤ジソのきれいな色が移った赤梅酢を使えば、しば漬けも簡単。そのときある野菜をサッと漬けておけば、箸休めに重宝します。

[材料とつくり方]

(つくりやすい量)

(1)キュウリ(縦半分に切って5㎜幅の斜め薄切り)1本、ナス(縦半分に切って5㎜幅の斜め薄切り)1個、ミョウガ(縦半分に切って薄切り)1個、新ショウガ(千切り)ひとかけをボウルに入れ、野菜の総重量の2%の塩をもみ込む。

(2)水分が出てきたら小皿などをのせて30分~1時間ほどおく。

(3)(2)の水気をしっかり絞ってポリ袋に入れ、赤梅酢大さじ1とみりん小さじ1を加えてもみ込み、空気を抜いて口を閉じて重しをかけ、2~3時間おく。

●赤梅酢はほかにもこんな使い方が

<赤梅酢を使って>ミックスしば漬け 白梅酢同様、いろんな料理にたらして調味料として使うほか、小さじ1を1/2カップの水で薄め、うがいをするとのどの痛みに効果的。

<監修/こてらみや 撮影/難波雄史>

春夏秋冬の魔法のびん詰め:作ってみたい保存食レシピ50



あれも、これも、“季節の味”をびん詰めに!―「もう一品のおかず」に、「お弁当」に、「おやつ」にも。「ひとつのびん」が、いろいろな料理に!


ひとり分からできる 作りおき上手のやりくりレシピ12か月



ちょっとした工夫で毎日の食卓がこんなに変わる!おかず作りの幅がぐんと広がる!食材を無駄なく味わうためのさまざまなコツを紹介!食材の豆知識や使いきりのアイデアも。