ベタベタ、ポロリにサヨナラ。お団子の上手な食べ方教えます
  • この記事を
    シェア

2016.03.16

 普段の食事のなかでも、きれいに食べるのが難しかったり、じつは正しい食べ方を知らない料理ってありませんか?プロに教わる“きれいな食べ方”で、今日からテーブル美人に!

串のまま食べたいけれど、後半に苦戦【串団子】

串のまま食べたいけれど、後半に苦戦【串団子】
最初の2つは上から食べる
 片手に串を持ち、団子を1玉ずつかじって串の上から外して食べていきます

串のまま食べたいけれど、後半に苦戦【串団子】
3玉目以降は手前側の半円を食べる
 手前側にある団子を串までかじり、クルッと回転させてから反対側を食べましょう

●きれいな食べ方のコツ◯

 3玉目以降の団子は、P166のフライドチキンと同じ要領で、自分に向いた側を食べてからその反対を食べます。団子が串から落ちないよう、かじる量に注意

▲やってはいけないこと×

 形がくずれ、受け皿もベタベタと汚れるので、すべての団子を串から抜き取る食べ方はしません。串の上下を持ち替えるのも、手が汚れるのでやめましょう

【小倉朋子さん】
食の総合コンサルタント。諸外国の食事マナーや文化を伝える『食輝塾』を主宰。作法や伝統色、食育、端文化、トレンドなど多様な視点で、あらゆる「食」を提案。近著に『私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない』(文響社刊)、『世界一美しい食べ方のマナー』(高橋書店刊)ほか

― 食べにくい料理のきれいな食べ方 ―

<イラスト/伊藤美樹 取材・文/田中理恵(BEAM)>

私が最近弱っているのは 毎日「なんとなく」食べているからかもしれない

まったく新しい実践的食哲学。「エサ」が「食事」においしく変われば、あなたの心は強くなる。


世界一美しい食べ方のマナー

食べ方が変われば、美人に見える。7つの基本と48の実例であなたの食べ方が劇的に変わる。