使わなくちゃ損!買い物も割り勘も家計管理も、LINEが便利
  • この記事を
    シェア

2018.05.24

主婦の日常には、お金にまつわる悩みが多いもの。
大きな荷物や子どもを抱えながら小銭でパンパンのお財布を出してお会計したり、節約のために現金を袋に分けて管理したり…。現金の管理は手間と労力がかかる一方、肝心のお金はなかなか貯まらないのが悲しいところ。

さらに、ママ友会でのお金のやり取りも意外と面倒です。
その場でぴったりの金額をもち合わせていなかったり、複数人での割り勘の集金が大変だったり…なんてことは、だれにでも経験があるのではないでしょうか。

お金回りの細かい悩みを、LINEでスマートに解決!

そんな主婦の悩みをスマートに解決してくれる、LINEの機能「LINE Pay」をご存知ですか?
LINEのトーク上で“友だち”にお金が送れたり、スマホひとつで支払いができたり、さらには家計管理にも使えたりと、主婦にうれしい便利機能が満載なんです。

この「LINE Pay」が主婦の日常でどう役に立つのか、「主婦のお金のお悩みあるある」シーンごとに紹介します。
●現金が手元にないときも、手数料なしで送金できる

送金機能まずチェックしたいのが、「送金機能」。
たとえば、自宅でホームパーティをして、費用をみんなで割りたいとき。LINEのトーク画面から、左下の+ボタンをタップし、「送金」を表示すると、「割り勘」が選択できます。かかった費用の総額と人数を入力すれば、自動的に正確な金額が表示されるんです。

そのまま金額をメッセージで送ることができるので、お金の貸し借りの金額がうやむやになるなんて事態も防げてすっきり。

財布に1万円しか入っていないまた、ママ友とお茶してお会計しようと思ったら、財布に1万円しか入っていない! なんてこともありますよね。

LINE Payお金を返すためだけにまたお茶を…となると、余計なお金もかかりますが、細かいお金が手元にないときも、LINE Payならその場ですぐに送金が可能。手数料は一切かかりません。

手数料無料で簡単送金!
詳しくはこちら

●スマホで支払いできるから、財布いらず!

財布いらず食材、水のペットボトル、洗剤、トイレットペーパーなど、日用品を買っているうちに、気づけば両腕が荷物でいっぱいに。
いざレジでお会計しようと思っても、カバンの中から財布が見つけられない…。荷物が重いうえ、店員さんや後ろに並んでいる人の視線が気まずい! なんて経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

LINEPayでもLINE Payで、銀行口座やコンビニなどから残高をチャージしておけば、そんなときも安心。
使うときはLINEを立ち上げ、お財布マークの「ウォレット」タブからLINE Payを開き、「コード支払い」という画面を出せば、即支払い可能。つまり現金もクレジットカードも不要、スマホを取りだすだけ!
わずらわしい小銭のやり取りもなく、時間も手間もかかりません。

現在は一部コンビニ、ドラッグストア、飲食店で使える「コード支払い」ですが、年内に国内100万か所で、スマホひとつで買い物できるようになる予定。

LINEカード
カードデザインは申し込み時に選べます
さらにLINE Payのサービス内から「LINE Pay カード」を申し込めば、JCB加盟店国内外3300万店舗でLINE Pay残高を使って買い物ができるので、実際にはほとんどの場所で「LINE Pay」で支払いができるんです。

「LINE Pay カード」はプリペイドカード。クレジットカードと違い、チャージした残高の範囲での使用なので、予算を決めてチャージすれば使いすぎも防止できそう。
残高はウォレットタブからいつでも簡単にスマホでチェックできます。

便利にスマホ支払い
したい人はこちら

●面倒な手間なしで、家計簿や予算管理がラクラクに

家計簿や予算管理がラクラクに1週間分の買い物は、週末にまとめて家計簿につけ、きっちり家計管理を…。そう思っても、大量のレシートを書き写したり金額を計算したりするのは、なかなか面倒。
さらに現金、クレジットカード、電子マネーなど、支払いがばらけるとさらに管理が大変です。

支払い履歴が画面ですぐチェックでもLINE Payならば、支払い履歴が画面ですぐチェックできるので、いちいち書き写したり計算したりする手間がはぶけます。

家計簿アプリさらに家計簿アプリの「MoneyForword」や「Zaim」と連動すれば、自動的に使用履歴が同期されて便利!

家計管理といえば、1週間に使うだけの現金を封筒に入れ、ムダ使いを防ぐ「袋分け」が主婦のあいだで話題ですが、忙しいときはこのひと手間すら大変。
いつの間にか管理が雑になって現金がたりなくなり、お金をおろしてしまったなんてことも。

スマホ上で簡単に「袋分け」ここでも活躍するのがLINE Pay。1週間の予算をチャージし、その範囲内でだけお金を使うようにすれば、スマホ上で簡単に「袋分け」ができます。残金もひと目でわかるので、封筒をいちいち開いて、現金を数えるわずらわしさもなし!

LINE Payならお金の動きにあわせてリアルタイムでLINEのメッセージ通知がくるので、使いすぎも防げて安心です。
気づけば不用品の買い物が減り、上手に家計管理できるように。

LINE上で簡単に
「袋分け家計管理」したい人はこちら

こんな風に、LINE Payには便利でお得なサービスが満載。新たにアプリをダウンロードする必要はなく、すでに使っているLINEアプリから簡単に使えます。

LINE Pay
Step1、2の順にタップ
一度登録して銀行口座さえ連携しておけば、使いたい金額をその場でチャージできるし、支払い、家計管理、LINE Payユーザー同士の送金もラクラク。手数料もかかりません。

賢くお金の管理&やりとりができちゃうLINE Pay。この機会にぜひ活用してみてください!

LINE Payについて
詳しくはこちら

<撮影/難波雄史 撮影協力/四谷バル 取材・文/ESSE編集部>