ちくわ、豆腐…5大節約食材が「まるで肉」な見た目と味に変身するワザ
ESSE編集部
2018.02.27
野菜の価格が高騰し、食費節約に厳しい状況が続いています。とくに子どもの多い家庭など、「いかに節約しながら、おいしい食事をつくるか」に悩んでいる人も多いはず。

食べ盛りの息子3人を含め、家族7人の食卓を預かるゆーママさん。いかにお金をかけずに、ボリュームのあるおかずをつくるかが重要なテーマです。

「お肉を減らせば節約にはなりますが、その結果、ものたりなくなってしまったら家族のウケはいまひとつ。そこで、肉料理の満足感はそのままに、節約食材を上手に使ってボリュームおかずをつくる工夫を始めたんです」

試行錯誤の結果、たどりついたワザが、まるで肉と間違うようなうま味や食感の食材で「代用」をすることと、肉になじんでおいしさをアップさせる食材で「かさ増し」をすること。詳しく伺いました。

ジャガイモ、ちくわ、豆腐、厚揚げ、卵を5大節約食材に認定!

「肉のようにおいしくかさ増しする」ワザに最適なのが、形を自在に変えられて、ボリューム感もある「ジャガイモ」、「ちくわ」、「豆腐」、「厚揚げ」、「卵」の5つの節約食材。
これらを使い回せば、おなかも満足、栄養バランスもばっちりで、家族が喜ぶ肉見せおかずになります。安食材でも味も見た目もリッチにするのが腕の見せどころ。楽しみながら節約を続けています。

【ジャガイモ】切ったりつぶしたり、お肉みたいなうま味と食感!

一年中安価で手に入り、おいしくておなかいっぱいに。大家族&食べ盛り対策に欠かせない食材です。

●一緒に炒めて肉、増量!

一緒に炒めて肉、増量!肉の大きさに合わせてひと口大にカット。一緒に炒めます。「お肉のうま味を吸って、『お肉がゴロゴロ入ってる!』という食感と味になりますよ」

●マッシュポテトでボリュームオムレツに!

マッシュポテトでボリュームオムレツに!オムレツやロールキャベツのタネは、お肉なし! 代わりに子どもたちの好物のマッシュポテトを使います。ボリュームの調整も自由自在。なめらかな食感で、ハマる味と好評です。

●薄くスライスして肉のかさ増しに!

薄くスライスして肉のかさ増しにハンバーグやチキンソテーには、スライスしたジャガイモをはりつけて、かさ増しします。肉の表面にはりつけて焼くと、ジャガイモがカリッと香ばしくなって、肉だけよりもおいしいくらい!

【ちくわ】しっかりした噛みごたえとうま味で大満足!

魚のすり身でできているちくわは、お肉と同じ動物性タンパク質。揚げたり焼いたりするだけでお肉っぽくなるし、しっかり下味をつけると食べごたえがアップします。

●から揚げやグラタンなどのメニューのお肉の代わりに!

ちくわ独特の弾力とうま味で、ちくわは肉見せに最適。加熱すると膨張するため、薄めに切っておきましょう。膨張することでムチッとした弾力が強まり、さらにお肉感がアップ!

【豆腐】お肉の代わりに、かさ増しにと大活躍!

自由に形を変えられるので、ひき肉風やかたまり肉風など、アレンジが自由。クセのない味だから、どんなレシピにもなじみます。

●くずしてひき肉ダネに!水きりしないのがポイント

豆腐つくねやミートボールのひき肉ダネには、豆腐をプラスしてかさ増し。水きりしないで加え、ゆるめのタネにしましょう。ふわふわの食感に仕上がります。

●カツやソテーに!衣をつければかたまり肉に変身

かたまり肉として使うときは、水きりして、しっかりした食感にするのがポイントです。パン粉などの衣をつけてカリッと揚げたり、薄切り肉を巻いたりするだけで、見た目は肉そのもの!

見た目は肉そのもの

【厚揚げ】大きくちぎってうま味と食感を楽しむ

香ばしく揚がっていて、しっかりした食感の厚揚げは頼れる存在。お肉に負けないくらいボリュームのある、リッチ感のあるおかずになるため、節約おかずに欠かせません。

●炒めものやソテーに!ちぎることで味しみがよく肉のような食感に

厚揚げちぎることで味しみがよく肉のような食感に大きめにちぎると、不ぞろいな形が肉っぽさ満点! そのうえ、味しみもよくなって、満足感のある味つけに。加熱してもかさが減らないので、ボリュームのあるひと皿ができちゃいます。棒状に切って薄力粉をまぶし、こんがり焼いて甘酸っぱく仕上げる“スペアリブ風”をよくつくります。

【卵】目玉焼きでコク出し!ゆで卵でかさ増し!

安くて一年中手に入り、買いおきできるなど、言うことなしの節約食材。いつものおかずにプラスするだけで豪華に見え、子どもも大好きな味になります。

●生や半熟で濃厚なうま味をプラス!

濃厚なうま味をプラスとろりと流れる卵黄のコクがあるだけで、リッチな味に早変わり! ドライカレーに生卵をトッピングしたり、ハンバーグやチャーハンに半熟目玉焼きをのせることで、ごちそうっぽく見えますよ。

●薄切り肉を巻けば食べごたえのあるおかずに

生や半熟で使うとコク出しにゆで卵はころんとした形を生かしてボリューム感を出します。薄切り肉を巻けば、見た目はビッグなかたまり肉。ひと口めで肉の味がガツンとくるので、食べごたえも十分です。

●教えてくれた人
【松本有美(ゆーママ)さん】

ゆーママさん
ゆーママさん
雑誌やテレビでも活躍する料理ブロガー。夫、長男、二男、三男、両親との7人暮らし。近著に『ゆーママの30分でこねずにできる魔法のパン』(扶桑社刊)

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

ゆーママの30分でこねずにできる魔法のパン


月間200万アクセスの人気料理ブロガーで、テレビ出演も多数のゆーママさん。 もともとはベーカリーカフェの店長を務めていた、パンのプロ。