<家計診断>ローンを繰り上げ完済したものの貯蓄は30万円…老後に不安が!
  • この記事を
    シェア

2018.02.06
所要時間: 1
住宅やクルマなど、高額なものを買うときにローンを組む人は多いはず。「ローン=借金」と考えると、払えるのならはやめに払ってしまいたいもの。

でも家計管理の視点で見ると、繰り上げ返済をして早めに完済することは、必ずしも正解ではないようです。

今回は、住宅ローンを繰り上げて完済したものの、その分30万円しか貯蓄がなく、老後に不安を抱えているというESSE読者のお悩みを取り上げます。ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんに答えてもらいました。

住宅ローンを繰り上げて完済したものの、貯蓄が少なくて不安を感じています

住宅ローンを繰り上げ返済

【相談者】
多田奈緒美さん(仮名)島根県・40歳(会社員)
夫48歳(会社員)、長男7歳
【お悩み】
ローン嫌いで、クルマの買い替えはキャッシュで、住宅ローンも繰り上げで完済しました。でも、手元に貯蓄が少なく、今後が不安。

教育資金は学資保険で200万円準備していますが、老後資金は退職金以外準備できていません。

【多田さんの家計収支】

<収入>
夫の月収(手取り)    ¥150,000
妻の月収(手取り)    ¥100,000
児童手当         ¥10,000
収入合計         ¥260,000

<支出>
住居費          ¥0←check1
食費・外食費       ¥70,000←check2
電気料金         ¥6,000
水道料金         ¥4,000
通信費(携帯電話3台分)  ¥12,000
   (プロバイダー)  ¥3,000
日用雑費         ¥10,000
レジャー・交際費     ¥10,000
教育費          ¥30,000
クルマ費(2台分)     ¥20,000
こづかい(夫)      ¥10,000
    (妻)      ¥10,000
生命保険料(夫)     ¥20,000←check3
     (妻)     ¥15,000←check3
     (子ども)   ¥5,000←check3
学資保険料        ¥10,000
貯蓄           ¥25,000←check3

支出合計         ¥260,000
収支±          ¥0
ボーナス収入       ¥500,000
現在の貯蓄        ¥300,000

食費を見直して出費を減!今後は貯蓄を最優先に

ローンに頼らず、なんでも現金で買う姿勢は感心ですが、繰り上げ返済を少しがんばりすぎてしまいましたね。

住宅ローンを完済したとはいえ、夫の定年まであと12年しかないのに、貯蓄が30万円しか残っていないのは大問題。夫が40歳になったときに、貯蓄目標を教育資金と老後資金に切り替え、繰り上げ返済は打ち止めにするか、行うとしても余剰資金の範囲にとどめておくべきでした。

しかも、住居費負担がなくなったのに食費が7万円もあり、貯蓄が増やせていません。今後は食費を5万円に減らし、教育資金と老後資金を最優先にしましょう。

クルマの買い替えも通勤がなくなったら1台にすることを前提に、リタイアまでの年数を考えて中古を選ぶなど費用を抑える工夫を。

退職金や生命保険の解約返戻金の額も確認して。貯められるお金を予測し、教育資金がいくら必要で老後資金にいくら回せるか、プランを立てておくと安心です。

●【check1】40代以降の繰り上げ返済は、余剰資金で少額ずつ行うべき

住宅ローンを完済したものの、貯蓄はわずか30万円の多田家。30代までは子どもが小さく貯めやすい環境なので、まとまった額の繰り上げ返済をしてもリカバリーできますが、40代になると生活費や教育費が膨らみ、しかも退職が近づいてリカバリーできなくなりがちです。

40代以降の繰り上げ返済は、教育資金や老後資金を最優先で準備しつつ、余剰ができたら10万円単位で行うのが正解!

●【check2】食費が手取り月収の28%にも!20%以内に減らして貯蓄アップを

食費7万円は、夫婦の手取り月収25万円の28%を占めています。適正な食費は16%以内で、4万円が目安。多くても5万円以内に抑えましょう。

カットした2万円と今の貯蓄を合わせると、毎月4万5000円を貯められます。自動積み立て定期を使って、口座から強制的に貯めると確実です。

●【check3】今後必要なお金に備え、退職金や保険の満期金の額を確認

多田家の場合、夫婦とも正社員で退職金が出るとのこと、勤務先で退職金の額を確認しておきましょう。また貯蓄性のある生命保険も、満期金や解約返戻金の額の確認を。

夫の定年時、子どもは大学生。妻はまだ現役で働いているとはいえ、仕送りが必要になる可能性も。とりあえず、私立大学文系でかかる4年分の学費500万円を目安に、学資保険だけでは不足する300万円を目標に貯めましょう。

●教えてくれた人
【畠中雅子さん】

ファイナンシャルプランナー。新聞・雑誌・ウェブなどに連載をもち、全国でセミナーや講演を行う。著書に『覚えておきたい!お金と節約の基本88』(扶桑社刊)など

<イラスト/平井きわ 取材・文/ESSE編集部>

覚えておきたい!お金と節約の基本88


家計管理・節約・住宅ローン・子どもにかかるお金etc.今さら聞けないお金の疑問を豊富な図解とともにわかりやすく解説。

特集