<家計診断>奨学金返済が家計を圧迫!専業主婦だけどパートに出るべき?
  • この記事を
    シェア

2018.01.16
最近よく問題になるのが、学生時代の奨学金返済が家計を圧迫し、生活がカツカツになってしまうというケースです。「専業主婦ですが、奨学金返済でキツい家計を黒字化するためには、0歳の子どもを預けて働きに出た方がいいでしょうか?」というESSE読者のお悩みに、ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんが答えてくれました。

奨学金返済

奨学金返済が家計を圧迫…どうすればいい?

【相談者】

堀田真生さん(仮名) 大阪府・27歳(専業主婦)
夫30歳(会社員)、長女6か月

【お悩み】

マイホームや娘の教育資金をしっかり貯めていきたいのですが、夫の奨学金の返済もあり、毎月赤字。月1万円と決めている貯金すら、できない月があります。子どもを一時保育で預けて、パートに出た方がいいのでしょうか?

【堀田さんの家計収支】

<収入>
夫の月収(手取り) ¥225,000
児童手当 ¥15,000
収入合計 ¥240,000 ←check1

<支出>
住居費 ¥80,000
食費 ¥28,000
電気料金 ¥4,000
ガス料金 ¥4,000
水道料金 ¥2,500
通信費(固定電話、携帯電話2台分、プロバイダー) ¥24,000
新聞代 ¥4,000
日用雑費 ¥20,000
医療・交際・交通費 ¥16,000
奨学金返済 ¥30,000 ←check2
家電ローン ¥6,900 ←check3
こづかい(夫) ¥10,000
生命保険料(夫) ¥13,100 ←check3
     (妻) ¥2,500
共済掛金(子ども) ¥1,000
貯蓄 ¥10,000

支出合計 ¥256,000
収支 -¥16,000
ボーナス収入 ¥800,000
現在の貯蓄 ¥400,000

保育料が安くなる4歳まで現状でやりくり、がベスト

結論から言うと、今すぐパートに出ても、保育料が高く、家計のたしになりません。保育料は自治体により異なりますが、堀田さんの住む自治体は高額な方。しかも、保育料は子どもが小さいほど高くなるため、現在0歳の堀田さんの子どもを預けると、月3万9400円もの負担に。子どもが4歳になれば保育料は1万2600円に減るので、働くのはそれからが現実的です(Check1参照)。
現状で月の赤字をなくし家計を安定させるために、おすすめは奨学金の月の返済を半分の1万5000円に減らし、その分ボーナス返済を増やすこと。さらに、生命保険の一部を割安な保険にかけ替えれば、月の家計は2800円の黒字に転じます。その黒字を積み立てて、ボーナスから払っているNHK受信料にあてれば、ボーナスの使い道がほぼ奨学金に絞られ、まとまった貯蓄がしやすくなります。ボーナスが出たら先取りで貯めるのが、成功の秘訣!

●【check1】パートに出るのは、保育料が安くなる4歳以降がおすすめ

保育料は子どもが小さいほど、また、年収から割り出される住民税が高いほど、高くなります。堀田さんが住む地域では、3歳未満は3万9400円、3歳は3万1000円、4歳以上は1万2600円(※)。働くならフルタイムで、収入が10万円以上ないと割にあいません。パートで働くなら、子どもが4歳になってからの方がよいでしょう。各自治体の保育料は、サイトで確認できます。
(※保育料は、年収約350万円、第一子の場合)

●【check2】月の返済額を減らし赤字を解消。ボーナスでまとまった貯蓄を

奨学金の総額は540万円で、月3万円、ボーナス時1回6万円を返済中。月の返済額を1万5000円に減らして赤字を解消し、その分、ボーナス時の返済を1回15万円に増やしましょう。年間のボーナス80万円から、奨学金30万円、自転車駐輪場代2万3000円を引いた残り約48万円のうち、半分の24万円を貯蓄目標に先取りで貯めて。

●【check3】医療保険を通販専用保険に替え、保険料3500円ダウン!

夫の保険料の内訳は、死亡保険6500円、医療保険5600円、共済掛金1000円。このうち、医療保険は割安な通販専用保険にかけ替えると、保険料が5600円→1752円まで減らせます※。奨学金の見直しと併せて月の家計は2800円の黒字に。その分を積み立てて、今はボーナスから支払っているNHK受信料に回しましょう。来年4月に家電のローンが終われば、毎月の貯蓄額アップも可能。
(※保険料は、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「新健康のお守り」、入院日額5000円、先進医療保障通算2000万円など、男性30歳で試算)

●教えてくれた人
【畠中雅子さん】

ファイナンシャルプランナー。高齢期のお金を考える会を主宰。著書に『覚えておきたい!お金と節約の基本88』(扶桑社刊)など。

<イラスト/平井きわ 取材・文/ESSE編集部>

覚えておきたい!お金と節約の基本88


家計管理・節約・住宅ローン・子どもにかかるお金etc.今さら聞けないお金の疑問を豊富な図解とともにわかりやすく解説。