1. トップ
  2. 節約・マネー

孫にお金をあげすぎる祖父母。高すぎる子どものケータイ代…。どうやって解決する?

2016.03.20
  • この記事を
    シェア

 お金の苦労はさせたくないけれど、甘やかしすぎると将来が心配。金銭感覚のまっとうな子どもに育てるには、どうすればいい? 家計再生アドバイザーで、ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんにお話をききました。

Q:子どものケータイ料金が高くて困ります(千葉県・37歳 長男14歳、長女10歳)

A:お年玉を多めにするなどして子どもに一部負担させて

子供の携帯料金 文句を言いながらも支払い続けている限り、子どもに大変さは伝わりません。少なくとも明細書を見せて、「おこづかいの○倍もかかっている」などと説教すべきです。

 代金の一部を、子ども自身に支払わせるのもおすすめ。わが家ではお年玉を多めに渡して、毎月のケータイ代の半分はそこから支払わせています。自分の懐が痛むとなると、子どもも使い方に気を配るもの。使いすぎてお年玉がたりなくなっても、親は絶対に助けません。代金が支払えない場合は、ケータイは没収です。ケータイ代が劇的に減らせるだけでなく、お金を計画的に使う重要性を教えることにもつながっています。

 ちなみに、わが家ではケータイを持っていいのは中学2年生から。これも絶対に変更なしのルールです。

Q:祖父母が子どもにお金やものをあげてしまいます(福岡県・30歳 長男3歳)

A:手渡しではなく振り込みに。はっきり断るのも大事

祖母からもらうお金 多少ならいいのですが、ゆきすぎると子どもの金銭感覚が狂いがち。実際、欲しいものは祖父母にねだるクセがついて、ぜいたくを覚えてしまう子どもは少なくありません。相手が義父母の場合はとくに言いづらいと思いますが、子どもの将来を考えるなら心を強くもって、「やめてほしい」ときっぱり伝えるべきです。

 どうしても孫におこづかいをあげたいという祖父母なら、直接子どもに渡さないで、子ども名義の口座に入金してもらいましょう。大学に入るときなどに、「これはおじいちゃんがくれたお金よ」とまとめてポンと手渡せば、子どもも喜びます。小さいときにムダづかいを覚えさせるより、ずっと感謝されるでしょう。

― 子どもとお金のつき合わせ方Q&A ―

<取材・文/横田頼子 イラスト/木下綾乃>

実はそんなに怖くない!ラクラク年金生活入門

もうだいじょうぶ!老後の不安はこれで解消!9000人の貯金ゼロ家計を再生させてきた凄腕コンサルタントによる老後やりくり術の決定版 NHKあさイチで大人気!70万部突破の人気シリーズ最新刊。