1. トップ
  2. 節約・マネー

子どものおこづかい。何歳からいくらあげるのが妥当なの?

2016.03.14
  • この記事を
    シェア

 お金の苦労はさせたくないけれど、甘やかしすぎると将来が心配。金銭感覚のまっとうな子どもに育てるには、どうすればいい? 家計再生アドバイザーで、ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんにお話をききました。

Q:おこづかいはいつから?いくらあげればよい?(埼玉県・38歳 長女6歳、長男5歳)

A:小学校入学時、300~400円からで十分

 始めるのは、お金の価値を理解し始める小学校入学前後がいいでしょう。金額は多くても少なくてもNG。子どもがなにを欲しがっているかを調べて、その額に少しだけ上乗せする額でやりくりさせましょう。もし「毎月300円のマンガを買いたい」と思っていたら、おこづかいは300円+100~200円に。マンガ代以外のお金をどう使えばいいか、子どもは一生懸命考えます。

子供とおこづかい ほかにも、「お手伝いをしたら1回20円」などとルールを決めて渡すのもひとつの方法。ただし、「100点をとったら」「成績が上がったら」などと成果をお金で計るやり方は、努力自体を無視することになりやすいので、注意が必要です。

 おこづかいをあげたら、おこづかい帳をつけさせましょう。もらった日にいくら入ったか書いて、使った日に買ったものと金額、残高を書かせるだけでOK。出費をコントロールする習慣につながります

◆ちなみに横山家では…

横山家のおこづかいはドル建て。その日の為替レートに換算してドルで手渡し、月に一度、親がつき添って全員で銀行に両替に行くそうです。「わざと使いづらい外貨で手渡して、苦労させるのが目的(笑)。為替レートや世界経済の動きに敏感になるメリットも」

◆おこづかいの適正額は?

小学校入学時:300~400円
小学校高学年:800~1000円
中学生:2000~3000円
高校生:4000~5000円

◆子どもが欲しいものに合わせて額を決める

たとえば…

「毎月300円のマンガ雑誌が欲しい!」→ +アルファ上乗せする→ おこづかいの額は450円に決定

上乗せする額は、小学生なら100~200円程度で十分です

― 子どもとお金のつき合わせ方Q&A ―

<取材・文/横田頼子 イラスト/木下綾乃>

実はそんなに怖くない!ラクラク年金生活入門

もうだいじょうぶ!老後の不安はこれで解消!9000人の貯金ゼロ家計を再生させてきた凄腕コンサルタントによる老後やりくり術の決定版 NHKあさイチで大人気!70万部突破の人気シリーズ最新刊。