安ければお得?節約への近道は、価格以上に働くものを買うこと
2017.02.16

 雑誌や書籍で今話題の節約の達人、中山あいこさんとマキさん。節約にひと役買っているというこだわりのものを2人に伺って見えてきたのは、安ければお得というわけではないということ。すぐに壊れたり、楽しく使えなくて大事にできなかったりしたものは、お得どころか生活の質を下げる原因にすらなるということでした。

 本当の節約をしたいのであれば、安いものを買うのではなく、使い勝手のよさや、長くつき合えるかをまず総合的に判断。お金を出した分だけ、満足感やリターンが得られるかを検討してもの選びをすることが近道になると2人は言います。

 節約の達人が日頃頼りにしているという「価格以上に働いてくれる、がんばってくれるもの」を紹介していただきました。

価格以上にがんばってくれるものを選ぶことが節約への近道

●白馬毛でできた歯ブラシで歯の健康を気づかう

白馬毛の歯ブラシで歯の健康を気づかう「歯に当たる感触が気持ちいいので、白馬毛歯ブラシがお気に入り」という中山あいこさん。天然毛でできているためお値段は少し高めですが、しなやかな毛腰が使っていて心地よく、こまめに歯のケアするように。「歯の治療などにお金がかからなくなるので、十分に元はとれています」

●丁寧につくられた弁当箱でおいしくいただく

ステンレス製の弁当箱を愛用する中山さん。丈夫なうえ、色移り、におい移りもないのが気に入りました。「私が選んだメーカーのものは、パッキンを取り換えられるので、ずっと使い続けています」

●家事を楽しませてくれる小物を身近に置いておく

お気に入りの小物を使えば、がぜん家事もやる気になるもの。「古くて味わいのある小物が、もともと大好きなんです。長くよいおつき合いができそうだなと感じたら、多少高くても買ってしまいます」(中山さん)。本当によいものがそばにあると、家事の時間が豊かに感じられるように

家事を楽しませてくれる小物を身近に置いておく京都の古道具店で見つけたカゴにひと目ぼれ。「洗濯物をばさっと入れるだけでもさまになるの」(中山さん)

家事を楽しませてくれる小物を身近に置いておくこちらのお気に入りは、オーバルな形のシェーカーボックス。一切のムダを省き、使いやすさだけを追求したデザインが特徴です。「実用的で長もちする木製の小物が大好き。裁縫道具を入れています」(中山さん)

●柔軟剤は少しよいものを。お気に入りの香りでテンションアップ

「柔軟剤は香り重視で選んでいます」というマキさん。少々割高でも、よい香りに包まれていると、それだけで一日が快適に。家事や仕事も気持ちよくスイスイこなせるそう

●インナーの素材にこだわれば着こまなくても暖か

インナーの素材にこだわれば着こまなくても暖かマキさんはウール100%のインナーを愛用。「1枚約3000円程度のものを利用しています。厚手のコートがいらないほど暖か!着こまなくても一年をとおして、薄手のコート1枚ですんでいます」

●15年保証がついている鍋を買う

10年保証がついている鍋を買う中山さんが日々使うオールステンレス製の鍋は、頑丈で清潔、しかも15年保証つき。「どんなに焦げつかせても、磨けば元に戻るからすごい。買いたして、今手持ちの鍋はこの4つだけ。一生使い続けます!」

●着回しがきくものなら高くても結果的にお得

マーガレットハウエルのコットンワンピース。1枚なら上品に、セーターやブラウスを合わせればカジュアルにも清楚にも。「いいものはやはり着回し力も抜群。奮発したかいがありました」(マキさん)

●ちょっといい調味料が素材の味を最大限に生かす

ちょっといい調味料が素材の味を最大限に生かす調味料は価格でなく、味で選びます。「ちょっといい調味料を使うと、なんでもおいしくいただけるんです。調理法も味つけもシンプルにし、素材の味をできるだけ生かすようにしています」(マキさん)

●精米機があれば白いご飯もごちそうに

精米機があれば白いご飯もごちそうに実家から送られてくる米を週に一度のペースで精米。「五分づきにすれば、栄養たっぷりで味も最高!おかずに凝らなくても、ご飯がおいしければ、食事の満足度が上がります」(マキさん)

●100円以下の魚のアラはコストパフォーマンス抜群

100円以下の魚のアラはコストパフォーマンス抜群「魚のアラは、安いものを見つけたらすかさずゲット!」(マキさん)。マグロのアラは、塩をふってゆでてほぐし、オリーブオイルと濃いめの塩で味つけ。自家製のツナができ上がりです

●教えてくれた人
【中山あいこさん】
レトロで趣あるマンションの一室をナチュラル&シンプルに住みこなしている。書籍に『家事がラクになるシンプルな暮らし 持たない ためこまない 使いまわす』(エクスナレッジ刊)。ブログ「生活のメモ」」

【マキさん】
夫と長女、二女の4人家族。おいしく健康な食事と環境に優しい生活を心がける。書籍に『持たない暮らしの愛用品』(宝島社刊)など多数。ブログ「エコナセイカツ

<撮影/大森忠明>

持たない暮らしの愛用品

時短・無駄なし・心地いい!シンプルライフ研究家・マキさんのもの選び。


家事がラクになるシンプルな暮らし 持たない ためこまない 使いまわす

忙しくても、子どもがいても、働いていも、ずぼらでも、小さな工夫でできる、ていねいな暮らし。ムリなく毎日をもっと楽しくさせる、今すぐ真似したいアイデアが満載!