「デビッドカード or LINE Payカード」でお金の使いすぎを防ぐ
2017.02.06
  • この記事を
    シェア

 クレジットカードを持っていることで、ついお金を使いすぎてしまう…。日頃からそんな経験をしている人は多いでしょう。そこで知ってほしいのが、デビッドカードと「LINE Payカード」です。お金の管理がしやすくなるうえに、賢く使えば節約になることも。今回は、その2つのカードのワザありの利用法を、ファイナンシャル・プランナーの伊藤亮太さんに教えていただきました。
「デビッドカード or LINE Payカード」でお金の使いすぎを防ぐ

デビットカードとLINE Payカードのメリット

 まずはデビットカードやLINE Payカードの基本をチェック。そのメリットなども確認しておきましょう。

●デビットカード

銀行預金の範囲内で買い物ができるカードです。買い物の支払いを行った時点で即時決済となり、銀行口座から引き落としがされます。買い物と決済のタイミングがずれるクレジットカードと異なり、使用額が把握しやすいので、家計管理がわかりやすくできるのがメリットです

●LINE Payカード

クレジットカードもしくはチャージにより利用できるおサイフカード(プリペイドカード)です。国内外のJCB加盟店 約3000万店舗で利用でき、カード利用でポイントもつきます。そのポイントは1000ポイントからLINE Pay残高に交換可能なため、買い物がより楽しくなるように設計されています

デビットカードとLINE Payカード利用で節約するには

 お金の管理ができ、便利に使える2つのカード。節約につながる使い方を伊藤さんがアドバイスしてくれました

●デビットカードで節約!

現金だといくら使ったかわからず、いつの間にか財布が空っぽになる…。そんな方は、デビットカードを利用することで、常に残高を意識するようになるでしょう。口座から引き落とされるため、履歴も残ります。その結果、ムダ使い防止、節約にも役立つでしょう。
また、買い物をすればキャッシュバックやポイント還元などのサービスがついてくることもあるため、積み立てていくことでお得感が増すこともあります

●LINE Payカードで節約!

チャージした分しか使わない、と心がければお金の使いすぎを防ぐことができます。一日いくら、とチャージ額を決めておけば、それ以上のお金を使う心配がないため、節約や貯蓄にもつながるでしょう。

また、LINE Payを利用することで割引されるお店もあり。割引やクーポンをうまく利用すれば、欲しかったものが安く手に入る場合もあります

スマートフォンを使ってもカードへチャージできます※スマートフォンを使ってもカードへチャージできます

 デビットカードとLINE Payカードは、どちらも自分で上限を意識的に定めて買い物ができるため、いつも自分の設定した範囲内でお金を使うことができます。クレジットカードにありがちな、カード払いならなんとかなるからという気持ちにブレーキをかけるのに有効といえそうです。

 さらに、ポイントや割引などをうまく利用することでちょっとしたお得感があるのもうれしいところ。新しいことをするのはなにかとハードルが高いものですが、一度試してみるのもいいかもしれませんね。

●教えてくれた人
【ファイナンシャル・プランナー 伊藤亮太さん】
伊藤亮太FP事務所/スキラージャパン株式会社
慶大院修了後、証券会社の経営企画等を経て、現在は独立系FPとして、資産運用中心にFP相談・執筆・講演・を行う。東洋大学経営学部ファイナンス学科非常勤講師。

<撮影/岡田ミノル 取材・文/渡かおり>